オーストラリアで便利な長距離バス、グレイハウンドを予約しよう

Pocket

スポンサーリンク

オーストラリアには、便利な長距離なバスがあります。

グレイハウンドという名前のバス会社でほぼオーストラリア全土をカバーしています。

グレイハウンドは、オーストラリア最大の長距離バス会社です。なのでこのバスを使いこなせば、様々な場所に行くことができます。

オーストラリアの街中で見かけることの多いこちらの赤いバスです。

私は、ブリスベンからシドニーに行く際に、このグレイハウンドを利用しました。

ブリスベンからシドニーまでは飛行機で1時間半で行くことが可能ですが、この長距離バスだと17時間でした。想像以上にオーストラリアは広いです。

今回はグレイハウンドに初めて乗る人の為に、予約方法やバスの乗り方について解説していきます。

チケットの予約方法

チケットの予約方法は2通りあり、一つはインターネットから予約する方法、もう一つは直接バスターミナルの窓口で購入する方法です。

今回は、わざわざ窓口に行かなくてもウェブサイトから簡単に購入できるので予約方法を紹介していきたいと思います。

まずはグレイハウンドのホームページにいきます。https://m.greyhound.com.au/home

携帯の画面から見るとこちらのページとなり、「BOOK A TRIP」を選択します。

すると、出発地と目的地の入力画面が出てきます。

このように「BRI」と検索するだけで、バス停の候補が出てくるのでその中から出発地を選択します。今回の場合は「BRISBANE COACH TERMINAL」を選択しました。

次に目的地も同じように「SYD」と入力すると候補が出てきます。

今回は「SYDNEY CENTRAL STATION」に行きたいので選択しました。

続いてONE WAY(片道)かRETURN(往復)を選択して、DEPARTING(出発日)、PASSENGER OPTIONS (乗車人数)と選択していきます。

全て入力が終われば、「FIND AVAILABLE TRIPS」をクリックします。

すると行き先の予約可能なスケジュールが表示されるので、希望するスケジュールを選択します。

選択するとこちらの画面となりSAVER$109をクリックします。

すると「PASSENGER DETAILS 」の画面となるので、必要な情報を入力していきましょう。

入力を進めるとこのような画面があり、「PREMIUM UPGRADE」はチェックを外し、

次に「EXCESS BAGGAGE」ですが、預ける荷物は合計2つまでは無料になります。

SURFBOARDS & BICYCLE」は、サーフボードは15$、自転車は49$で持ち込めるので必要な方は選択します。

Carbon Offsetは1$ですが、協力できるのであれば選択し、「PROCEED TO PAYMENT」をクリックします。

☆カーボン・オフセットとは、CO2等の温室効果ガスの排出について、まずできるだけ排出量が減るよう削減努力を行い、どうしても排出される温室効果ガスについて、排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に投資すること等により、排出される温室効果ガスを埋め合わせるという考え方。豪州等でも取組は活発である。

その後はカード情報を入力する画面となるので、必要事項を記入し支払いを行います。

支払いが終わると予約番号も表示されるので大事に保管しておきましょう。

ちなみにこちらがEチケットになり、メールで送られてきます。以上で予約完了となります。

スポンサーリンク

当日の乗車方法

当日は、運転手にEチケットを見せて、確認してもらって乗車する形となります。

チケットに関しては、Eチケットを印刷して準備しておくかスマートフォンでチケットの画面を見せても大丈夫です。

その時に、預ける荷物があれば2つまでは無料で預けることができます。

席は自由席になるので、早めに並んで良い席が取れるように待ちましょう。

因みに私が乗ったグレイハウンドのスケジュールはこのような感じでした。

グレイハウンドを利用して感じたメリット

Wi-Fiが繋がる

グレイハウンドを利用するメリットとしてはまずWi-Fiが繋がることです。私が乗車した時は、合計約17時間ありましたがほぼ途切れることなくWi-Fiを繋げることができました。

オーストラリアを移動する際は、バス・飛行機・電車など移動手段は色々あります。その中でもグレイハウンドの中ではインターネットにアクセスできるのはありがたいメリットだと感じました。

USBのコンセントが使える

USBのコンセントが使えるのも助かりました。

いつでも充電できるので着いた後も携帯の充電が切れる心配はいりません。

お得な乗車券も豊富にある

グレイハウンドでは、様々な種類の周遊パスを販売しており、自分の旅に合うものを選ぶことができます。

また現地で購入する際には、ユースホテルの会員証か国際学生証を提示すると1割ほど安くなるのでお得です。

ここでは、お得なパスの例を3種類挙げるので是非参考にしてみてください。

1)ショート・ホップ

→2ヵ所の目的地の区間を一定方向であれば自由に途中降車できるパスで有効期間は30日。人気の都市を繋いでいるので非常に便利。

例:シドニーとメルボルン→A$99

2)キロメーター・パス

→乗車距離によって値段が設定されている周遊券で、有効期限は1年間。ルートや乗り降りは自由で、利用ごとに乗車距離が差し引かれるシステム。1000kmから2万5000kmまで必要な距離を計算して見合ったパスを購入する。

例:1000km→A$189, 2500km→A$415

3)ホップオン・ポップオフ

→指定された2ヵ所の目的地の区間内で、一定方向であれば好きなだけ乗り降りが可能なパス。有効期間は使用開始日から90日間。指定区間もケアンズとシドニー、ケアンズとメルボルンやアリス・スプリングなどのように人気な指定区間が揃っている。

例:ケアンズとブリスベン→A$335

グレイハウンドを利用するデメリット

グレイハウンドを利用するデメリットはまず時間がかかりすぎてしまうの一言に尽きます。

時間がある人にとってはゆったりとした長距離バスを使うのはオススメですが、速い時間で移動したい人には向いていません。

またずっと同じ体勢で座っていると腰なども痛くなってしまうので、対策は必要となります。

また山の中を走ることが多く揺れやすいので、酔い止めも飲んでおいた方が良さそうです。

食事休憩やトイレ休憩も何度かあり、その度に目は覚めてしまいます。

乗車の際の注意事項

バスの中は寒い

グレイハウンドのバスの中は冷えることが多いので、羽織るものを持っておいた方が良いです。

私自身も車内の中は寒いと感じることが多かったです。なので乗車の際は上着を忘れずに持って行きましょう。

一度預けた荷物は取りに行けない

グレイハウンドのバスは、預ける荷物と車内に持ち込む手荷物で分けられていて、預ける荷物は一番最初の乗車の際に預けてしまいます。

飛行機に乗る時も受託手荷物と持ち込み手荷物がありますが、そのようなイメージです。

受託手荷物は一度預けてしまうと、目的地に着くまで一度も取り出すことができません。

なのでバスの中で使いたいものは持ち込み手荷物として荷物を整理しておく必要があります。

まとめとして

グレイハウンド予約方法や乗り方ついて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

現在では飛行機での移動が主流にはなってきています。しかしオーストラリアは広大な土地だからこそ、長距離バスを利用して様々な場所を見るのも良い旅になると思います。

時間は確かにかかりますが車窓からの風光明美な景色を楽しみたい方には陸路がオススメです。

予約の方法は難しいわけではないので、是非オーストラリアグレイハウンドを利用してみてください。

今回の記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 

Pocket

シェアして繋がりを広げよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在ワーホリしている人やワーホリ中の人、国内旅行や海外旅行が好きな人に役立つ情報を日々発信していきたいです。 大学は国際観光学部で旅行の勉強をしていました。 大学卒業後、会社員を経験しましたがオーストラリアでワーホリのために退職しました。もともと海外旅行が好きで大学在学中にカナダに短期留学やニュージーランドに海外実習の授業に行った経験があります。 いざ仕事を辞めるとなると貯金やワーホリ中やワーホリ後のことで不安になったり考え込む日々もありました。 しかし、いざオーストラリアに来てみると、『ワーホリに来てよかった!!』と思うことが多いです。 それと同時に、欲しい情報がすぐ手に入らないこともありました。 生活する上で必要な情報や手続きのこと、観光のこと、食べ物のことを私たちが詳しくまとめます。 パートナーのりかとオーストラリアでワーホリをして、その後、私たちの夢である世界一周旅行を叶え、旅行の魅力や役に立つ情報を発信していきます。そして多くの方の旅に役に立つよう記事を更新していきます。 出身地:香川県 趣味は主に旅行とお菓子作り。 好きな言葉:為せば成る、為さねば成らぬ何事も