対人恐怖を克服した体験談

Pocket

スポンサーリンク

初対面の人と合うのを恐れて、それによって学校や仕事に行くのが辛くなったりした経験はありませんか?


知らない人がいると極度に緊張してしまい、ストレスを抱えてしまいます。

人の目が気になったり、どう思われるか気になったりなど、周囲からどのように自分が見られているかを過剰に意識してしまいがちです。

これが対人恐怖の特徴であると言われています。

私もこのような経験があり、辛い思いをしたことがあります。

完全に人見知りとかは治ってはいませんが、どのように対人関係を克服しようと試みたのか述べていきます。

4年間のブランク

中学生までは順調に友人も増えたりしていました。

中学生までは、保育園、小学生の時と同じ仲間と一緒の学校になることがほとんどなので転校しない限りは、初対面の人と会う機会は少ないです。

しかし高校生になるとそれが一変します。範囲が広がり同じ都道府県で様々な初対面の人と会う機会が訪れてきます。

その時に初対面の人と会うのにかなり緊張し、環境の変化に対応できずそのまま友人が全くできずに終わってしまったという経験があります。


話しかけられても答えられないという極度の対人恐怖の状態でした。それが翌年の浪人時代まで続き、合計4年間のブランクでした。

その間は、誰一人と会話すらままならない状況でした。このまま終わるわけには行かないと危機感を感じていました。

スポンサーリンク

そこで思い切って環境を変えてみた

一人で孤独の辛い状況、中学生までの友達とは疎遠となるなど苦しい状況でしたが大学では一人暮らしを始め、県外の大学に行きました。

最初はもちろん不安でしたが、環境の変化が自分を変えようというきっかけを与えてくれたと感じます。

大学では初対面の人と会う機会が、県内から県外にまで広がります。そしてもし海外に行けば、初対面の人と会うのが国内から海外に広がります。

初対面の人と会うのを喜びと考えて、環境の変化がきっかけで少しずつ変わっていくことができました。

また対人恐怖は自分は病気なんだという思い込みが招いている場合も多いです。

自分から環境を変えていけば人生は大いに変わる可能性を秘めています。

克服するポイント

私の体験談から克服するポイントは、人との出会いに感謝の気持ちを持つことだと実感しています。

最初は、「環境が変わるのは嫌だ」「今のままの現状のままがいい」と思っていましたが、環境の変化が好循環をもたらしてくれることが多いと気づきました。

人はそんなにすぐには変わることはできません。

一気に変わろうとせずに徐々にゆっくりで大丈夫です。

実際に感じているのは、静かに緩やかに成長は進むということです。

プラス思考に考え、せっかくの一度の人生を環境の変化をきっかけに好転させていきましょう。

スポンサーリンク

 

Pocket

シェアして繋がりを広げよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在ワーホリしている人やワーホリ中の人、国内旅行や海外旅行が好きな人に役立つ情報を日々発信していきたいです。 大学は国際観光学部で旅行の勉強をしていました。 大学卒業後、会社員を経験しましたがオーストラリアでワーホリのために退職しました。もともと海外旅行が好きで大学在学中にカナダに短期留学やニュージーランドに海外実習の授業に行った経験があります。 いざ仕事を辞めるとなると貯金やワーホリ中やワーホリ後のことで不安になったり考え込む日々もありました。 しかし、いざオーストラリアに来てみると、『ワーホリに来てよかった!!』と思うことが多いです。 それと同時に、欲しい情報がすぐ手に入らないこともありました。 生活する上で必要な情報や手続きのこと、観光のこと、食べ物のことを私たちが詳しくまとめます。 パートナーのりかとオーストラリアでワーホリをして、その後、私たちの夢である世界一周旅行を叶え、旅行の魅力や役に立つ情報を発信していきます。そして多くの方の旅に役に立つよう記事を更新していきます。 出身地:香川県 趣味は主に旅行とお菓子作り。 好きな言葉:為せば成る、為さねば成らぬ何事も