「ナポリを見てから死ね」ということわざは、本当にその通りだった!

Pocket

スポンサーリンク

イタリアのゲーテの言ったことわざで、「ナポリを見てから死ね」という言葉があります。

「ナポリを見てから死ね」というのはナポリのどこの場所のことを言っているのでしょうか?

実際にナポリにも行ってきたので、おすすめの楽しみ方を紹介したいと思います。

まずはナポリの治安について

ナポリと聞いて実は、治安が悪いというイメージを抱く人は多いです。

そのようなイメージを持たれているのは、ネットで検索すると「ナポリ、治安悪い」というワードが目につくからだと思います。

しかし実際に行ってみてそこまで過剰になる必要はないと感じました。

私達はナポリに行く前には「治安悪いから行くの辞めとこうかな」と考えていました。

歩いていると両側から物を売りつけてきたり、ひったくりやスリなども多いという話も聞いていて怖いイメージもあったからです。

しかし、私達はそんなことは一度もなく昼間に歩くのは普通に問題はないと感じました。

イタリアでの犯罪発生率でもワースト10にも入っていないそうです。

夜になると雰囲気はあまり良くないのであまり出歩かないほうが良いとは思います。

特に注意したいエリアは多くの人が集まるナポリ中央駅周辺やガリバルディ広場周辺です。

「ナポリを見てから死ね」とはどういう意味?

「ナポリを見てから死ね」とはどういう意味なのか辞書で調べてみました。

辞書によると、【ナポリの風光を見ずに死んでしまっては、生きていた甲斐がない。美しいナポリの景色を見ずに死んでしまっては不幸だ。】という意味で、ナポリ湾一帯の美しさを強調したイタリアのことわざです。

※weblio辞書により引用

ゲーテがナポリの食べ物や温暖な気候、陽気なイタリアの人々、歴史や建物に感銘を受けてこの言葉を残したそうです。

ナポリの街や美しい海、海岸、ナポリ郊外の街など全部見ないと意味がないと言っています。

それほどに風光明媚な場所なのです。

私もせっかくナポリに来たので、少しでもナポリの素晴らしさを目に焼き付けたいと思っていました。

ナポリ発着のツアーに参加してみた

私は、ナポリ市内で一泊してナポリ市内からアマルフィ海岸に行くツアーに参加しました。

このツアーは、私は【get your guide】というサイトから予約しました。

アマルフィ海岸ツアーでは、このようにバスの運転手でも苦労するほどの細い道をドライブしていきます。

途中景色が素晴らしいところ(ソレント、ポジターノ、ラヴェッロなど)で、バスから降ろしてくれて写真を撮りました。

 

そしてこちらはアマルフィ海岸のハイライトとも言える場所、ドラマチックな絶景でした。

イタリア南部の美しい海岸線、この場所こそ「ナポリを見てから死ね。」という言葉にぴったりなところだと実感しました。

アマルフィ海岸に到着したら、オプションでボートツアーに追加で€12支払って参加しました。

ボートから見る景色も非常に素晴らしく乗る価値ありだと実感しました。

またランチの時間には、本場のペンネを食べたのですが、美食な街なだけあってすごく絶品でした。

そして帰りのバスでは、夕陽の時間帯となり街がだんだんと赤く染まっていくのもロマンチックな光景でした。

ナポリに行ったらアマルフィ海岸は、まず外せない場所だと実感しました。

ナポリに行ったらしてほしい5つのこと

①ナポリで世界一のピザを食べる!

ナポリは美食の街としても知られています。

特にマルゲリータ発祥の地として有名で、生地はモッチモチで必ず一生に一度は食べて欲しい絶品です。

本場の世界一のピザを食べずにしてナポリを去るわけにはいきません。

「ナポリを見てから死ね」というのは「ナポリでピザを食べてから死ね」と言い換えても言い過ぎではないぐらいです。

②ナポリ発着のアマルフィ海岸ツアーに参加する!

アマルフィ海岸は個人では行きづらいので、先程紹介したようにナポリ発着のツアーで行くのがおすすめです。

アマルフィ海岸は約40kmにも及ぶので、ツアーだとおすすめの場所をピンポイントで効率的に回ってくれます。

アマルフィ海岸はリゾートホテルや別荘が点在していて、著名人や王侯貴族が揃ってバカンスを過ごしていると言われています。

世界中の詩人やアーティストをも魅了してきました。

③ポリジオの丘で世界三大夜景を堪能する!

ナポリに位置しているポリジオの丘は、世界三大夜景の一つです。

特に夕陽の時間帯から夜景になるまでの時間は特に美しいロマンチックな絶景を見ることができます。

【ポリジオの丘への行き方】

①ナポリ中央駅から地下鉄2線に15分ほど乗り、Mergellina(メルジェッリーナ駅)で降ります。

②駅に到着したら、10分ほど歩きケーブルカー乗り場に行きます。(ケーブルカー乗り場はタクシーやバス停を目印にしてください。)

③ケーブルカーのメルジェッリーナ線に乗り、一つ目のS.Antonio駅で降ります。

④S.Antonio駅に到着したら、階段を上って地上に出ます。

⑤遊歩道に沿って、少し歩くと【a posillipo】という黄色い標識が現れ、30秒ほど歩くと到着します。

④ポンペイ遺跡で古代ローマの歴史に触れる!

ナポリ近郊にあるポンペイ遺跡は、一生のうちに必ず行きたい世界遺産でも紹介されていました。

ポンペイとは、西暦79年の火山大噴火によって埋没したローマ時代の古代都市の遺跡です。

1748年に発掘が始まり、それまではずっと地下に埋まっていたのですが、想像以上に色々と残っていて、現在もいまだに発掘中となっています。

歴史的には大変な出来事だったのですが、火山灰が街を隙間なく覆い尽くし、壁画や美術館の劣化が最小限で食い止められたそうです。

その結果、非常に良い保存状態のままで現在も保たれています。

ポンペイの街を歩いていると、当時の古代都市の文明生活の様子を鮮明に浮かび上がらせてくれます。

敷地内は想像以上に広く、個人では見逃してしまいそうな見所もさらっとあったりするのでツアーを利用するのがおすすめです。

⑤青の洞窟で神秘的な絶景を見る!

青の洞窟は、カプリ島の超人気の観光スポットで、ナポリ発着のツアーもたくさん出ています。

ボートで、狭い入口から入ると青くて光に包まれた神秘的な空間が広がっています。

一生に一度は行きたい観光スポットとして世界的に有名となっています。

しかし、天気や潮の状況次第で欠航になることもあり、必ず入れるという保証はないです。

青の洞窟に入場できる確率が一番高いのは、6月から8月頃で、70〜80%の確率で入ることができると言われています。

https://www.motoscafisticapri.com/en/m-index

まずは青の洞窟に行く前に、上記のサイトからこの日は入場できるのかを確認してみてください。

こちらのサイトでは朝の9時に青の洞窟に入れるのかを教えてくれます。

まとめとして

「ナポリを見てから死ね」って何か凄いことわざですよね。

私も「ナポリを見てから死ね」ということわざに感銘を受けて実際に行ってみましたが、本当に良いところで行く価値のある場所だと感じました。

ナポリをまだ見ていない方は、ゲーテのことわざにあるように必ず一生に一度は見て欲しいです。

ナポリ市内中心部に関しては、治安に関して少し注意しないといけない部分もありますが、一歩郊外に踏み出すと本当に素敵な場所がたくさんあります。

イタリアに行く時は是非ナポリの旅も満喫しましょう!

Pocket

シェアして繋がりを広げよう

ABOUTこの記事をかいた人

はっしー

香川県出身でワーホリ2年目のはっしーです! 趣味は主に旅行とお菓子作り。これからワーホリを考えている人やワーホリ中の人、国内旅行や海外旅行が好きな人に役立つ情報を日々発信しています。 パートナーのりかとオーストラリアでワーホリをしていてその後、私たちの夢である世界一周旅行を予定しています。