実はヨーロッパは物価の安い国が多い!おすすめの10ヶ国を厳選

Pocket

スポンサーリンク

ヨーロッパと聞くと物価の高いイメージはありませんか?

私も最初はめっちゃ高いのではないかと思っていたのですが、実際に43ヶ国行ってみて安い国も多かったです。

少しでも安く旅したい方にとっては、今回の記事で是非行ってみようと思える国が見つかると思います。

ハンガリー

ハンガリーは近年人気急上昇している国の一つです。

ハンガリーの首都であるブダペストは世界遺産の街で、夜景も特に美しく「ドナウの真珠」とまで称されています。

ブダペストの美しい夜景を堪能するのはナイトクルーズがおすすめです。

私達もナイトクルーズに参加したのですが、このような芸術的なライトアップを見ることができました。

またハンガリーの料理は世界的な評判もよく、世界三大料理の一つでもあります。

更にハンガリーは温泉大国でもあり、旅の疲れに温泉でリラックスして過ごすのもおすすめです。

クロアチア

クロアチアはヨーロッパの中でもトップ3ぐらいに入るぐらいおすすめの国でした。

特に日本人に人気の都市は、ドゥブロヴニクで城壁からの眺めは特に美しいです。

ドゥブロヴニクは観光都市ということもあり、入場料などは高いのですがそれ以上に行く価値はあります。

ドゥブロヴニクの城壁からの眺めはどの角度からも絶景で、ここだけでも100枚以上は写真を撮っていました。

自然が作り出した美と人の手による美が奇跡的な調和を見せています。

このようなピンク色の夕日まで見ることができました。歴史のある旧市街を散策するだけでも楽しめること間違いありません。

ドゥブロヴニク以外では、プリトヴィツェ湖群国立公園という世界遺産がテレビでも紹介されていました。

クロアチアを代表する観光スポットで、大小16の湖と92ヶ所の滝を見ることができます。

ポーランド

ポーランドは音楽家であるショパンの愛した国であり、親日国でもあります。

世界遺産は15個もあり、歴史好きな人にとってはかなりおすすめな国です。

おすすめ都市はポーランドの首都であるワルシャワ、世界遺産の都市でもあるクラクフです。

実際に行ってみてこの写真のように、中世の素敵な街並みが残っていました。

物価も安く、ポーランド料理も食べたのですが日本人の口に合うと感じました。

チェコ

チェコの首都であるプラハは、ヨーロッパ屈指の美しさを誇る街です。

ゴシック様式、バロック様式、アール・ヌーヴォー様式など様々な歴史的建築物が旧市街を埋め尽くしており、プラハの街を歩くだけでも歴史を感じられます。

特に有名な観光スポットは、プラハ城で世界で最も古くかつ世界で最も大きな城です。

夜のライトアップもこんな感じで、城とは思えないほどの華やかさです。プラハ最古の石橋であるカレル橋も見逃せません。

プラハ以外では、チェスキー・クルムロフもおすすめの都市です。世界で最も美しい街と言われており、チェコ観光のハイライトとも言えます。

ギリシャ

南欧に位置しているギリシャも物価の安い国です。

観光の中心となる都市は、アテネです。アテネはヨーロッパ文明発祥の地で、歴史的な世界遺産もあります。

特に代表的なのはアクロポリスに建つパルテノン神殿で、2400年以上もの間この街を見守り続けています。

歴史の教科書で習った時の写真をそのまま見れたのは感動的だったと他の旅行者も言っていました。

またギリシャに行ったら、サントリーニ島にも是非足を運んで欲しいです。青と白の調和が素敵で、一度は行ってみたい夢のような島です。

アテネからは船で行くこともでき、エーゲ海クルーズの海も絶景で忘れられない時間となるでしょう!

マルタ

マルタは地中海に浮かんでいる小さな島国です。

マルタという国はマルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島で構成されています。

小さい国ではありますが、街ごと世界遺産となっている「バレッタ地区」にはフォトジェニックなインスタ映えスポットがたくさんあります。

また海もすごく綺麗でリゾート気分を味わえます。

治安は良く、物価もかなり安いので旅行先としておすすめです。

北マケドニア

北マケドニアはヨーロッパの中でも特に面白い国だと感じました。ヨーロッパの中でも最も変わった首都だと言われているそうです。

理由は無数の銅像が街のあらゆるところにあり、他の国の良いところ取りをしているような街だからです。

例えば、パリの凱旋門を真似て造られたマケドニア門、ギリシャ神殿を真似た巨大な博物館、ウィーンにあるような劇場などもあります。

また北マケドニアは貧しい国にも関わらず、ロンドンを真似て赤い2階建てのバスがたくさん走っているなどのアンバランスさも面白いです。まるでテーマパークにいるような国でした。

ラトビア

ラトビアは、北欧にも近いバルト三国に位置している国です。

ラトビアは街の雰囲気が素敵で、歩いているだけでも楽しいと思います。

ラトビアの首都であるリガは、街全体が世界遺産となっていてまるでメルヘンのような世界が広がっています。

オシャレなカフェもたくさんあり、コーヒー好きにもおすすめです。少し郊外に出れば、豊かな自然も広がっています。

ポルトガル

ポルトガルはヨーロッパ最西端に位置する国です。

ポルトガルの首都であるリスボンは「7つの丘の街」と言われていて、街にはケーブルカーなども走っています。

街には世界遺産が10ヶ所あり、例えば「発見のモニュメント」など大航海時代の歴史なども実感できます。

展望台からはオレンジ色の屋根で染まっている旧市街地を見渡せ、夕陽の時間は特に美しいです。

他にも世界遺産の街であるシントラやポルトなど見どころのある都市がたくさんあります。

モンテネグロ

モンテネグロと聞いてもピンと来ない人は多いと思いますが、クロアチアのドゥブロヴニクとともに人気なのが、モンテネグロのコトルという都市です。

ドゥブロヴニクからは片道約2時間ほどなのでセットで訪れるのがおすすめです。

まるでフィヨルドのような、複雑な入り江のコトル湾があるのですが、コトル湾は世界一美しい湾と言われています。

またコトルの旧市街地は中世の街並みが残っており、街の至るところに可愛らしい猫を見かけます。

小さい町ではありますが、メルヘンな街で歩いているだけでもいやされるところです。

まとめとして

ヨーロッパで物価の安い国を10ヶ国紹介してきましたが、いかがでしたか?

私もヨーロッパは物価の高いイメージしかなかったのですが、それはごく一部なのだと気づきました。

ヨーロッパは物価の安い国は意外にも多いので、是非次の海外旅行先として検討してみてください。

Pocket

シェアして繋がりを広げよう

ABOUTこの記事をかいた人

はっしー

香川県出身でワーホリ2年目のはっしーです! 趣味は主に旅行とお菓子作り。これからワーホリを考えている人やワーホリ中の人、国内旅行や海外旅行が好きな人に役立つ情報を日々発信しています。 パートナーのりかとオーストラリアでワーホリをしていてその後、私たちの夢である世界一周旅行を予定しています。