オーストラリアにいる時にイチロー選手について感じたこと。

スポンサーリンク

今回は個人的な記事ではありますが、イチロー選手について書いてみたいと思います。

イチロー選手と言えば野球界のスーパースターで、小さい頃から憧れの人でした。

私は、小学5年生頃から野球を始めて中学校を卒業するまで約5年間は野球漬けの毎日でした。

イチロー選手は野球好きの人だけではなく、日本中から尊敬される存在なのではないかと思います。

イチロー選手からは勉強になることも多かったので、良かったら是非読み進めてみてください。

今までイチロー選手を見て一番印象に残っていること

私にとってイチロー選手の一番印象に残っている出来事は2009年のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)という世界大会でのことです。

イチロー選手は最初の何試合かは全然打てずにいました。

決勝戦までの打率は約2割ほどと、不調に陥っていました。

しかし、韓国との決勝戦で優勝を決めるヒットを打ちました。

このシーンは永遠に語り継がれるような名シーンとなるでしょう。

最後の優勝インタビューで「谷ばかりでしたけど、最後に山に登れて良かったです」という言葉は特に印象に残っています。

人生においても途中苦しい時期はあっても最後まで諦めずに挑戦していきたいと感じました。

どういう状況にあっても、目の前の準備をしっかりとやって絶対に諦めないことの大切さを学びました。

オーストラリアで感じたイチロー選手の姿

私は2017年の6月に日本を出発して、2019年の6月までの約2年間オーストラリアで生活していました。

その間のイチロー選手は、年齢的な部分でも引退に近づいていました。成績も下降線を辿っていて、限界も近づいてきていると感じました。

そして2019年の3月でついに引退のときを迎えました。

ちょうどその時期はオーストラリアにいたので、ニュースで引退の報道を知りました。

日本人野手初のメジャーリーガーとして、10年連続200本安打など輝かしい成績を残しました。

これも相当な努力があってこその結果でした。

イチロー選手の名言で、以下のような言葉に感銘を受けました。

「やれることは全てやったし、手を抜いたことはありません。

常にやれることをやろうとした自分がいたこと、それに対して準備した自分がいたことを誇りに思っています」

最後の最後まで全力を尽くした結果での引退でした。

現役は引退してしまいましたが、今後もイチロー選手の生き方・姿勢を見習っていきたいです。

まとめとして

私はオーストラリアに行く前はかなり不安な気持ちがありました。

いきなり異国の地に飛び込むのはかなり勇気のいることだと思います。

その気持ちは私も経験しているのでよく分かります。

しかし、一歩踏み出してしまえば、日本では経験できないような素晴らしい世界があなたを待っています。

イチロー選手の名言で他には以下のような言葉があります。

「何事も前向きに行動することが可能性を生むんです。」

「自分の思ったことをやりつづけることに後悔はありません。それでもし失敗しても後悔は絶対に無いはずですから」

私はイチロー選手から貰ったこの言葉のおかげで、知らない国でも2年間過ごせました。

あなたも悩んでいるなら是非あと一歩の勇気を踏み出して、人生を変えていきましょう!

何か不安なことがあれば、気軽にお問い合わせください。

シェアして繋がりを広げよう

【電子書籍無料プレゼント中】
ハッシー

LINEで友達になっていただくと

「エージェントは必要なし!体験者がまとめるオーストラリアワーホリ、低予算に納める貯金成功法」についての電子書籍を無料プレゼントしています。


友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

香川県出身でオーストラリアに2年間ワーホリをしていたはっしーです! 趣味は主に旅行とお菓子作り。これからワーホリを考えている人やワーホリ中の人、国内旅行や海外旅行が好きな人に役立つ情報を発信していきます。 パートナーのりかとオーストラリアでワーホリをした後、ヨーロッパ一周をしました。一生のうちに100ヵ国行くことを目標にしています。