クリスマスは世界による違いが大きい!

Pocket

スポンサーリンク

クリスマスとは!?

クリスマスとは、日本では恋人と一緒に祝う日のように思われがちです。

クリスマス近くになるとイルミネーションを見に色々出かけたりします。


しかし世界全体を見渡すと、家族でゆっくりと静かに過ごすのが通常だと言われています。

クリスマスは、約2000年前のこの日にキリストが誕生したことのお祝いという意味があり、世界的に広まりました。

クリスマス発祥の地は、聖ニコラウス・ローマ帝国キリキア属州パタラと言われていて、現在のトルコ共和国南部にある地中海に面した一地域です。

またクリスマスツリー・クリスマスマーケット発祥の地と言われている国がドイツとなります。

ドイツのクリスマスマーケットの数が多すぎる!

ドイツのクリスマスマーケットでは、世界最大のものから最古のものまで、全国的に開かれる非常に大きなイベントとなっています。

しかも、都市によってクリスマスマーケットの特徴も違っています。

ドイツだけで何と2500以上もの街でクリスマスマーケットが開催されています。

例えばドイツの代表的で有名なクリスマスマーケットにはどのようなものがあるのか大まかに見ていきます。

フランクフルト

→世界最古の歴史を持つ、ヨーロッパ最大級のクリスマスマーケット

ニュルンベルク

→世界一有名と言われているクリスマスマーケット

ドレスデン

→ドイツ留学経験者が、数ある中でも1番にオススメしているクリスマスマーケット

シュトゥットガルト

→ヨーロッパの中でも最も古く、最も美しいクリスマスマーケット

ベルリン

→ドイツの首都であるベルリンは、様々な国の人が作ってきた町であり、それを実際に体感することのできるクリスマスマーケット

ミュンヘン

→オクトーバーフェストではドイツ1番の盛り上がりを見せる都市で、どこよりもロマンチックな雰囲気に包まれるクリスマスマーケット

ケルン

→それぞれユニークなテーマを持った6つのクリスマスマーケットがあり、多種多様なクリスマスマーケット

ローテンブルク

→まるでおとぎ話の中にいるような雰囲気に包まれるクリスマスマーケット

デュッセルドルフ

→小さな家が立ち並んでいるような屋台が特徴的なクリスマスマーケット

スポンサーリンク

このようにドイツでは各都市ごとに様々なクリスマスマーケットがあり、一つずつ特徴も違ってきます。

http://www.tabikobo.com/special/christmas_market/
これだけ種類があるとどこに行くか迷いますが、日本では考えられないようなスケールです。

是非一度は、本場のクリスマスマーケット発祥の地に訪れてみたいものです。

世界のクリスマスケーキ

また世界のクリスマスケーキも色々あります。

例えばどのようなものがあるか紹介していきます。

1.ブッシュ・ド・ノエル(フランス)

ブッシュは木、ノエルはクリスマスという意味です。1879年にパリのお菓子店の方が考案し、現在食べられています。

2.シュトーレン(ドイツ)

ドイツではシュトーレンというパンを食べます。バター、ドライフルーツ、ナッツを加えた生地を二つ折りにしていて、粉砂糖がかかっています。

3.パネトーネ(イタリア)

イタリアでは、パネトーネという甘いパンが食べられています。

バター、卵、レーズン、ドライフルーツを加えた生地を天然酵母で発酵して作ります。

まとめとして

このように世界的に見ると日本のクリスマスとは様々な違いが見受けられます。

オーストラリアでは真夏のクリスマスとなります。

海外に目を向けると様々なクリスマスの迎え方があり、実際に機会があれば体感すると良いと思います。

そう言われてもドイツまではなかなか行けないという人が多いと思います。

でも日本にいながらにして本場ドイツのクリスマスマーケットを味わえるイベントもあります。

例えば以下のイベントがあります。

https://www.osaka-info.jp/jp/events/festivals_events/2014_4.html

いつか本場のクリスマスの地にも是非足を運びたいですね。

スポンサーリンク


Pocket

シェアして繋がりを広げよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在ワーホリしている人やワーホリ中の人、国内旅行や海外旅行が好きな人に役立つ情報を日々発信していきたいです。 大学は国際観光学部で旅行の勉強をしていました。 大学卒業後、会社員を経験しましたがオーストラリアでワーホリのために退職しました。もともと海外旅行が好きで大学在学中にカナダに短期留学やニュージーランドに海外実習の授業に行った経験があります。 いざ仕事を辞めるとなると貯金やワーホリ中やワーホリ後のことで不安になったり考え込む日々もありました。 しかし、いざオーストラリアに来てみると、『ワーホリに来てよかった!!』と思うことが多いです。 それと同時に、欲しい情報がすぐ手に入らないこともありました。 生活する上で必要な情報や手続きのこと、観光のこと、食べ物のことを私たちが詳しくまとめます。 パートナーのりかとオーストラリアでワーホリをして、その後、私たちの夢である世界一周旅行を叶え、旅行の魅力や役に立つ情報を発信していきます。そして多くの方の旅に役に立つよう記事を更新していきます。 出身地:香川県 趣味は主に旅行とお菓子作り。 好きな言葉:為せば成る、為さねば成らぬ何事も