【難関】コスタっていうホワイトなファームで働くためのアプライ方法

Pocket

スポンサーリンク

オーストラリアに来てから、セカンドビザもゲットしたいという方も多いと思います。

その為には一定期間ファームで働く必要がありますその中でもオーストラリアで一番大きなファーム会社と言われているのがコスタです。

コスタは合法でホワイトな会社で、どんな方にもオススメできます。ただし、非常に人気があります。でもとりあえずアプライ(応募)するだけの価値はあり!!です。

今回はコスタへのアプライ(応募)方法などについて紹介していきたいと思います。

こんな方におすすめの記事です!
①コスタで働きたい人

②コスタへのアプライ方法について知りたい方

超優良ファーム会社のコスタとは?

コスタとは、オーストラリアで有名なオーストラリアで一番大きな超大手のファーム会社です。

ここで働けばほぼ間違いなくセカンドビザが取れると言われているほど政府から信頼されている会社です。

オーストラリアのニューサウスウェールズ州、クイーンズランド州、タスマニア州、西オーストラリア州にファームを持っており、オーストラリア国内のほぼ全体を網羅しています。

因みにこちらがコスタの年間スケジュール表なのですが、分りやすく日本語でも表にまとめてみました。

地域 時期 フルーツの種類
Corindi(コリンディ) 7~1月 ブルーベリー
Corindi 年中 ラズベリー
Tumbarumba(タンバランバ) 12~1月 ブルーベリー
Gingin(ジンジン) 7~10月 ブルーベリー
Gingin 3~12月 ラズベリー
Tasmania(タスマニア) 11~5月 ストロベリー
Tasmania 12~5月 ラズベリー
Tasmania 12~5月 ブラックベリー
Tasmania 12~2月 ブルーベリー

見てみるとコスタはオーストラリア全土に展開していますが、タスマニアの率が高いことも分かります。

コスタはホワイトな合法な会社なので、悪徳ファームに当たる心配はなくセカンドビザを確実に取れます!

またセカンドビザを申請する上では、ファームの雇用主から申請のフォームを準備してもらう必要がありますが、コスタの場合はその必要はありません。

理由は、コスタは正式に政府に認められている会社だからです。

コスタのアプライ(応募)方法

アプライ、つまりまずはこの会社で働くための申請手続きをしないといけません。申請の手続きをしてから、実際に働けるまでは手順があり順番に説明していきます。

コスタは本当に大きな会社なので、採用までの手順が明確に決められています。

①まずはメールでアプライ

コスタへのアプライ方法はまずは

http://costagroup.com.au/Careers

こちらのコスタのホームページに入ると上記の写真のような画面があるので、【here】の部分をクリックしてアプライすることができます。

またオーストラリア内の全てのコスタの事務所からも応募可能です。

②登録が完了

約2週間後にコスタへの登録が完了し、アプリケーションナンバーが送られてきます。アプリケーションナンバーが送られてはじめて登録完了となります。

2週間以上経ってもなかなか連絡が来ない場合はこちらから問い合せてみてください。

③コスタから指定された日に電話する

コスタから日付を指定されるので、その日に電話をします。何回かけても繋がらないこともありますが、諦めないでください。他の友人は20回ぐらいかけてようやく繋がったと言っていました。

電話は月曜日、火曜日、木曜日、金曜日の9:00~13:00の限定なのが注意点です。

その後も次は何日に電話してと日付を指定されます。その後も再び電話する日を指定されたりします。

 この指定された日付に電話するのはまだここで働く意志がありますよ!というアピールになります。

コスタはこのようにして働ける人を絞っていっているのです。

④インダクション(説明会)に参加する

インダクション、つまり説明会の日付を指定されます。

アプリケーションナンバーがないと飛び込みでインダクションに参加することはできません。

インダクションの内容としては、書類を書いたり仕事のルールの説明を受けたりするようです。

全部英語での説明ですが、働き方や服装やちょっとした注意点とかあればすぐに報告するように!っていう感じです。

⑤再び電話連絡を待つ

インダクション参加後に再び電話連絡を待つように言われます。

待ち時間は様々で2週間待つ場合もあれば、翌日から働ける場合もあります。

※シーズンになると何千人もの人がアプライして、なかなか連絡が繋がらないことも多いです。1日でも早く働きたい場合は、直接事務所に行くのが良いみたいです。

そのあとにこちらから電話で連絡します。

スポンサーリンク

コスタとのやり取りはこんな感じ!!

コスタへの登録完了後のやり取りは以下のような感じです。電話のやり取りは何回もしないといけないし、中々繋がらないことも多いので、仕事をゲットするには粘らないといけません。

本日電話する日だったので連絡しました。アプリケーションナンバーは○○です!タスマニアで1月から働きたいと思っています。
Costa
タスマニアではどんな種類のピッキングの仕事をしたいですか?
場所がタスマニアであれば、何の種類のピッキングでも大丈夫です!
Costa
分かりました。じゃあ次は○月○日に電話してね!
本日電話する日だったので連絡しました。アプリケーションナンバーは○○です!
Costa
いつから働きたいですか?
1月始めから働きたいです。
Costa
オッケー!じゃあ次は○月○日に電話してね。
本日電話する日なので連絡しました。アプリケーションナンバーは○○です!
Costa
タスマニアで一番近くて○月○日にインダクションがあるんだけど参加できる?
はい、参加できます!
Costa
オッケー!じゃあまたインダクションの詳細をメールでも送るね!
分かりました。ありがとうございます! 

電話する日を指定されるのは、もっと回数が多いこともありますが、このようにしてコスタは働く意思がある人を絞っています。

早く話をつけたい人は直接事務所に行ったほうが良いみたいです!大変ですが、遠方からでもやり取りはできます。

車はあった方がいいの?

コスタがあるところはリアルに田舎なので車がないと正直辛いところはあります。コスタに応募する人は移動が自由にできるのが条件と言われています。僻地すぎてバスもありません。

例えば、仕事があるのに移動する足がなくて休むしかなくなるっていうこともありえます。基本的にファームの場所は、どこも車で30分以上離れているので車が必須です。

インダクションやファームに行く道は、ほぼ一本道で行き方自体は簡単なので国際免許があれば車を買って自由に移動できます。

車を購入するのは抵抗があるかもしれませんが、中古の車で十分ですし使わなくなる時は車を売ることができます。日本円で10万円ぐらいからで買うことができます。

バッパーなどに、中古の車の販売情報のチラシも貼ってたりするのでチェックしてみてください。

中には同じ滞在先から車に乗せていってくれる人を探すという人もいますが、向こうの都合もあるので、あまりおすすめできません。

コスタで働く際の注意点

ウェイティングの可能性がある!

コスタは本当に大変人気なので、ウェイティングの可能性があります。少しでも待ち時間を減らすために、できる限り早く働きたい旨をインダクションの時に伝える必要があります。

また少しでも余裕を持ってアプライすることをおすすめします。理由はアプライには3週間以上を要するからです。

シーズンになってから動き出しても遅いので、2ヶ月~3ヶ月前にはアプライした方が良いです。もしくは、直接オフィスに行けば話は早く着きます。

家は自分で探さないといけない!

コスタは、宿泊先までは提供してくれません。家に関しては、自分自身で探す必要があります。

バッパーに住んでいる人が多く、バッパーに長期で住む場合には長期割がある場合もあります。

長期割とは例えば一ヶ月以上同じバッパーに住む場合には一週間の宿泊料金を割引にしてくれます。

もしくは、Airbnbを使って家を見つける人もいるようです。

実際は時給制ではない!

コスタのピッキングは歩合制です。しかし、平均が最低時給を超えるように後で計算してくれます。

歩合制なのですが、チームの平均時給以上になるように後で調整されるのです。

なので、平均くらい取れれば良いのかなと思います。

ピッキングのスピードが遅すぎてクビになった人もいます。なので、毎日平均は目指して取れるようにしてください。

デイオフカウントはない!

デイオフカウントとは、休んだ日でもファームの場所によっては勤務日数としてカウントしてくれることです。

コスタには14日に一度は休まなければならないという決まりがあります。

実はデイオフカウントっていうのは違法です。ペイスリップにも勤務日がしっかりと記載されているので一切誤魔化すことができません。

コスタは超大手の会社でそういうところもしっかりしています。

コスタで働いた人の体験談

コスタで働くのに電話でアプライも試みましたが、20回ぐらいかけても繋がらず直接アプライして仕事をゲットしました。環境は皆優しくて良かったとのことです。

毎日ベリーの具合により働く時間が違うためにFacebookグループでチェックする必要があります。

ブルーベリーのピッキングとして働きましたが、あんまりブルーベリーが熟れていないこともあって慣れるまでは中々難しかったそうです。

また途中で仕事が変更になり、ブルーベリーのピッキングから完全時給制のPrintingの仕事となり大きいホースに小さいホースを接続する作業などでした。このように稀に完全時給制の仕事を与えてくれる場合もあるようです。

また季節が終わってもコスタで働いていたら、他のコスタのファームの仕事も斡旋してくれたりします。オーストラリア全土にある会社で何ヶ所かに移動してる人もいるようです。

まとめとして

コスタのアプライ方法はメールからでも大丈夫ですが、結構時間がかかってしまいます。

それなら現地で直接アプライした方が早いです。ただし、現地に行くには車が必須となります。

なかなか難しい条件が揃いますが、挑戦する価値はあります。申し込み人数が多すぎて働けたらラッキーと言われているぐらいです。

コスタというホワイトな会社で働けるように興味があれば是非トライしてみてください。

スポンサーリンク

Pocket

シェアして繋がりを広げよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

はっしー

香川県出身でワーホリ2年目のはっしーです! 趣味は主に旅行とお菓子作り。これからワーホリを考えている人やワーホリ中の人、国内旅行や海外旅行が好きな人に役立つ情報を日々発信しています。 パートナーのりかとオーストラリアでワーホリをしていてその後、私たちの夢である世界一周旅行を予定しています。