オーストラリアのワーホリにエージェントは必要なし!使って後悔した私の体験談

Pocket

私はオーストラリアのワーホリで有料のエージェントを利用しましたが、必ずしも必要なしだと感じました。

エージェントを利用することで助かった部分はもちろんありましたが、逆に損することもあったからです。

今後オーストラリアにワーホリに行く人にとっては、

・エージェントって使った方が良いのか

・でも使わなかったとしたら一人で全部手続きするのは不安

・エージェントを使う場合と使わない場合はどっちが安いのか

などといった疑問が出てくると思います。

そこで実際に私が有料エージェントを使って後悔した話や、有料エージェントは必要ではない理由などをお伝えしたいと思います。

これからオーストラリアにワーホリに行く人にとって少しでも役に立てば幸いです。

私が使った有料のワーホリエージェントの話

私は友人の紹介で最初は、東京都にある有料のワーホリエージェントを利用しました。

ここのエージェントは簡単に言えば、オーストラリアでの仕事がすぐに見つかるようにサポートしてくれる感じでした。

また事前に必要最低限のお金(約70万円プラスお小遣い10万円〜20万円)を貯めておけば、資金不足の心配がなく安心して渡航することができるという内容でした。

他の留学会社を利用すると、英語力がないと最初から働くのは大変なのでまずは語学学校に通うことを進められるケースが多いようです。

もちろん語学学校に通うことで英語力は身につきます。

しかし良く考えてみると語学学校に通っている人は、日本人やアジア人が多いです。

もちろん現地で出会う日本人の友達も大事だとは思いますが、私は語学学校に通わずにすぐに働くことを勧めらました。

語学学校に通った後の仕事探しでは、結果的に給料をもらって働ける仕事は日本食レストランや英語を使わない仕事に限られてしまうことがほとんどのケースのようです。

これではせっかく海外に足を踏み入れたのにこれではもったいない!!

しかし!「現地で自力で仕事が見つかるのか心配」「せっかくワーホリに来たのだから日本ではできない仕事をしたい」・・・

それを可能にしてくれるのが私の使ったワーホリエージェントのサポート内容でした。

エージェントに払った費用の内訳

ワーホリに行くのに必ずかかってくる費用

これはエージェントを使う人も使わない人も、全員共通でかかってくる費用です。

①【ビザ申請料金】

ビザ申請料$485です。

申請の為にはクレジットカードでの支払いが必要になります。

私が行った時は、日本円での金額は39,980円でした。

②【航空券代金】

安いチケットを手に入れるにはジェットスターの無料会員になり、セールのメールを受け取れるようにします。

私はジェットスターでセールの時期に取り、片道30,000円前後でした。

③【海外傷害保険】

1年間で20万円ほどはかかりますが、これは絶対に入っておかなければなりません。

私はAIG損保の海外旅行保険に加入しました。

実際にエージェントに払った費用

私の使った有料エージェントに含まれるサービス内容は、主に以下のものがありました。

・渡航者向け特別英語クラスの無料参加

・渡航者向けセミナーの無料参加

・個別相談

・空港出迎え

・現地到着オリエンテーション

・現地諸手続き

・現地カウンセラーとの面談

・就労先の紹介

・就労先での宿泊先手配(3食の食事提供)

等です(こちらがパッケージで合計45万9000円、全員共通で必ずかかってくる費用と合わせると合計約70万円)

となります。

スポンサーリンク

でも実際に行ってみたら最初に聞いてたのと違ってた

主な準備としては、ワーホリのビザの申請・航空券の購入・海外旅行保険の加入などがありますが、それはエージェントを介してやってくれます。

また仕事の紹介、それに応じた住む場所の提供、3食の食事の提供もあると聞いていました。

しかし私はエージェントを利用して実際と違っていた点がいくつかありました。

家賃は結局向こうでもかかってくる!

私は2つの仕事先を紹介してくれましたが、結局家賃は向こうでも引かれていた状況です。

ワーホリエージェントに最初のパッケージで払った料金には、就労先の宿泊料金も含まれると説明を受けていました。

しかし、実際にはそうではありませんでした。

例えば、週に20時間は無給で働いてその20時間の働いた分が家賃と3食の食事提供になるというものです。

つまり20時間を超えないと給料は発生しません。

なのでせっかく最初にパッケージで払っていたのに、結局現地でも二重で払っているような状態でした。

3食の食事提供はレストランの賄い・・・

3食の食事提供はあると言われていたのですが、宿泊先で提供されるのではなくて仕事先まで食べに行かないといけませんでした。

自転車で行かないといけない距離で休みの日もわざわざ仕事先まで行かないといけないので面倒くさく感じることもあります。

また毎日ほぼ同じメニューなのでみんな飽きてしまい自炊していることがほとんどです。

3食無料だと聞いていたのに、自炊すると結局またお金を使ってしまうことになります。

また忙しい時間帯や祭りなどイベントがある時には、迷惑がかかるからと言われて食べに行くことができませんでした。

エージェントを使わない場合

エージェントなしでの渡航を考える場合は、先ほど述べたエージェントに払う費用のサービス内容がなくなるということになります。(みんながエージェントにお金を払うのは様々な不安を解消する為です。)

主な準備としてはパスポートを持っていない場合はパスポートの準備・ワーホリビザの申請・飛行機チケットの手配などが挙げられます。

ワーホリのビザ申請は、エージェントに頼まなくても【オーストラリア、ワーホリ、ビザ申請方法】と検索すると、日本語で丁寧に説明してくれているサイトも出てきます。

また一番気になるのは、家探しと仕事探しだと思います。

こちらもエージェントを必要とせずに自力で準備することは可能です。

ただし、仕事に関しては英語力が高いほどできる仕事の範囲が広がることは事実です。

ワーホリに行く前に一番大事な準備は英語を勉強していくことだと感じています。

エージェントに頼らずに自分で全部手続きするのは大変に感じるかもしれませんがその分、一番自分を成長させてくれるはずです。

私は最初エージェントを使ってしまいましたが、オーストラリア渡航中にエージェントは使う必要はなかったということに気づきました。

まとめとして

ワーホリのメリットは現地で1年間働きながら生活できることです。

しかし、最初は「現地で仕事が見つかるか心配」「住まいをどうすればいいか」など心配なことが多いです。

その心配を解決してくれるのが有料のエージェントです。

しかし、エージェントに頼るのではなく全部自力で仕事を探したりするということもできます。

そうすることで準備費用は少し抑えることもできます。

ワーホリにエージェントは便利だけど、必須ではないということです。

ワーホリの準備で一番大事なのは英語力を高めておくことだと言っても過言ではありません。

ワーホリを通して、日本ではできない貴重な経験を是非していきましょう。

Pocket

シェアして繋がりを広げよう

【電子書籍無料プレゼント中】
ハッシー

LINEで友達になっていただくと

「人見知りで英語初心者の私でもワーホリ中に友達を増やした方法」についての電子書籍を無料プレゼントしています。


友だち追加

2 件のコメント

  • こんにちは。「渋谷ワーホリプラザ」と検索してこちらのページにたどり着きました。
    現在19歳の大学2年生でワーキングホリデーを来年休学して行こうと考えています。

    そこで質問なのですが、英語が全然話せない場合でもエージェント無しで、渡航先で仕事を探せるのでしょうか?やはり始めは語学学校に通うべきでしょうか?

    • 佐々木紗弥さん

      質問ありがとうございます。
      私も英語力が低いですが、仕事を選ばなければ渡航先で比較的容易にエージェントなしで探せます。

      私は英語力が低い中で以下のような仕事を経験しています。
      ・ジャパレス
      ・ファームジョブ
      ・ハウスキーピング
      これらの仕事は英語力はあまり求められません。

      ただし、ワーホリの目的が英語力をあげることや、ローカルの仕事をどうしてもしたい場合は語学学校に通う方が良いと思います。

      渋谷ワーホリプラザは、自身の英語力に応じたローカルの仕事のみを斡旋してくれます。自分の力でローカルの仕事を見つけるのは簡単ではないので、ローカルの仕事探しをサポートしてくれる感じです。

      現地の都市部には、英語のフリースクールもあります。

      また何かあればいつでも質問お待ちしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    はっしー

    香川県出身でオーストラリアに2年間ワーホリをしていたはっしーです! 趣味は主に旅行とお菓子作り。これからワーホリを考えている人やワーホリ中の人、国内旅行や海外旅行が好きな人に役立つ情報を日々発信していきます。 パートナーのりかとオーストラリアでワーホリをした後、ヨーロッパ一周をしました。一生のうちに100ヵ国行くことを目標にしています。