台湾のかき氷の名前が多すぎる!

Pocket

スポンサーリンク

日本のかき氷の種類は少ない!

かき氷はほとんど誰でも食べたことはあるかと思います。

夏の暑い時に食べたくなります。


あなたは、日本ではどれぐらいの種類のかき氷を食べたことがありますか?

自身が食べたことがあるのは、メロン味、イチゴ味、レモン、ブルーハワイなどが挙げられます。

他には宇治抹茶、コーヒー、カルピスなど見たことがあります。

それに対して台湾のかき氷ですが、日本とは比べ物にならないぐらい豊富な種類があります。

台湾では日本より暑い時期が長く、年中かき氷が食べられています。

台湾のかき氷の種類はどんなのがあるか?

果たして台湾のかき氷の種類は一体どれぐらいあるのでしょうか?


マンゴー、あずき、スムージー、アイスモンスター、三色のかき氷、他にも種類は豊富にあります。

台湾は温暖な気候により、マンゴーがたくさんあり一番の人気はマンゴーのかき氷です。
年中かき氷は食べれますが、マンゴーのかき氷はマンゴーの時期の期間限定の場所もあります。

期間は4月から10月で、理由はその期間がマンゴーが美味しいからです。

実際にかき氷を食べに行きましたが、その日はマンゴーが売り切れていました。

しかしあまりにもの種類の多さにビックリしました。


これが台湾で実際に食べたかき氷です。

これを見るだけでも日本のかき氷とは違うことが分かります。

台湾のかき氷はマンゴーだけではなく、このような他のフルーツや変わった味のかき氷も存在していて、何と種類は180種類もあると言われています。

日本では夏の暑い時期だけですが、台湾では1年中食べられておりすごく人気なスイーツです。

スポンサーリンク

また日本との圧倒的な違いはシロップを使ったかき氷が少ないことです。

実は日本のシロップを使ったかき氷は全て同じ味で、違いを出すために着色料と香料を変えているだけだと言われています。

台湾の種類が豊富なかき氷を是非食べて見てください。

かといってもわざわざ台湾まで行かないといけないというわけでもありません。

日本にも台湾のかき氷を食べれる場所がある!

実は日本にも台湾のかき氷を食べれる場所がオープンしました。

台湾で大人気のかき氷専門店が表参道にあります。

「アイスモンスター」という名前の店で、台湾のマンゴーかき氷のブームを起こしたことで知られています。

こちらの店では、台湾かき氷店の日本1号店がオープンして長蛇の列ができたというニュースも目にしました。

何と世界のベストスイーツトップ10に選ばれたかき氷が日本にも進出してきたのです。

東京には台湾のスイーツを食べれる場所がたくさんあります。今では世界各国の絶品スイーツが日本でも食べれる時代にもなりました。

是非、一度食べて見て実際に台湾にも足を運んでみてください。

スポンサーリンク

 

Pocket

シェアして繋がりを広げよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在ワーホリしている人やワーホリ中の人、国内旅行や海外旅行が好きな人に役立つ情報を日々発信していきたいです。 大学は国際観光学部で旅行の勉強をしていました。 大学卒業後、会社員を経験しましたがオーストラリアでワーホリのために退職しました。もともと海外旅行が好きで大学在学中にカナダに短期留学やニュージーランドに海外実習の授業に行った経験があります。 いざ仕事を辞めるとなると貯金やワーホリ中やワーホリ後のことで不安になったり考え込む日々もありました。 しかし、いざオーストラリアに来てみると、『ワーホリに来てよかった!!』と思うことが多いです。 それと同時に、欲しい情報がすぐ手に入らないこともありました。 生活する上で必要な情報や手続きのこと、観光のこと、食べ物のことを私たちが詳しくまとめます。 パートナーのりかとオーストラリアでワーホリをして、その後、私たちの夢である世界一周旅行を叶え、旅行の魅力や役に立つ情報を発信していきます。そして多くの方の旅に役に立つよう記事を更新していきます。 出身地:香川県 趣味は主に旅行とお菓子作り。 好きな言葉:為せば成る、為さねば成らぬ何事も