airbnbの予約の流れを徹底解説!オーストラリアで使ってみた

Pocket

スポンサーリンク

Airbnbとは、世界中で泊まる場所を探していてホテルではなく誰かの家に泊まることのできるサービスです。家を貸したい人と借りたい人の仲介サービスと言えます。

☆まさに「暮らすように旅する」をメッセージに世界中で拡大し続けています。

何とAirbnbのホストは世界190か国、34,000以上の都市でお部屋を貸し出していると言われています。行き先と宿泊期間を検索バーに入力するだけで、世界中どこでも現地色豊かな宿泊場所を探すことができます。

私はそういうサービスを使ったことはありませんでしたが、オーストラリアで初めて使う機会がありました。

これから初めてAirbnbを使う人にとっては、

・予約までの流れって一体、普通のホテルとは違うし、どんな感じなのか

・予約までの流れは分かっても少し怖いイメージがある

・予約できても本当にその泊まる家まで無事に辿り着けるのだろうか

といった疑問も出てくると思います。

私の体験談をもとに予約の流れから順番を追って解説していきます。これを読めば、Airbnbで宿泊先を探して予約し旅を楽しむまでの流れが詳しく分かるようになります。

実際の予約の流れについて

①Airbnbのアプリを取り、プロフィール作成

こちらがAirbnbのアプリとなります。App Storeから無料でダウンロードすることができます。

すでにFacebookアカウントやGoogleアカウントをお持ちであれば連携させるだけでAirbnbのアカウント作成完了となります。

まずAirbnbは信頼によって成り立っているコミュニティなので、一番大事なのがプロフィール作成です。

ホテルとは違うので、ホストの方から部屋を貸したくないと思われると予約を拒否されることもあります。

ゲストの方に予約を承認してもらうためには、少しでも多く自分のことを知ってもらえる努力をする必要があります。

Airbnbのアプリを開くと最初はこのような画面となります。右下のプロフィールを選択すると編集することができます。

プロフィールは必ず全項目埋めて、顔写真も必ず掲載するようにしましょう。

②部屋を探す

いざ検索して部屋を探しますが、世界的には80万件以上あると言われており様々な物件が揃っています。

検索窓のところに、例えば「ブリスベン」で部屋を探す場合は「ブリスベン」と検索すると候補が色々出てくるので、自分に合った場所を選択します。

またいつからいつまで泊まりたいのか日付もはっきりさせてから検索するようにしましょう。

指定させた日付を入れないとすでに満室になった部屋も表示されてしまいます。

検索すると様々な物件が出てくるのですが、【フィルター】という部分をクリックすることで様々な細かい希望の設定ができます。

例えば希望の価格帯を設定できたり、

部屋の希望のタイプを選択できたり、

こちらは寝室&ベッド数やアメニティ・設備について、

【すべてのアメニティ・設備を表示する】を選択するとさらに細かい設定ができます。

最後に【すべての設備を表示する】も選択するとさらに細かい設備についての希望も設定できます。

今回の場合私は、 フィルターとして

  • 価格帯→6000円まで
  • 部屋タイプ→個室
  • アメニティ・設備→Wi-Fi、朝食

にして検索をして、こちらの物件に興味を持ちました。

ホストの方のプロフィールはしっかりと全部読むようにしましょう。

アメニティ・設備は何が整っているのかも一覧として見ることができます。

またレビュー・説明・設備、ハウスルールなどにも必ず目を通しておきましょう。

スポンサーリンク

③予約をする

予約の方法もホストによって違いがあり、主に次の3種類が挙げられます。日本から予約する場合は、支払い方法は全てクレジットカードとなります。

いますぐ予約

ホストによっては、承認抜きでその場で予約OKにしている場合があります。

予約を一件一件確認するのが面倒なホストが選択しているのがこちらとなります。

この場合はリスティングに「いますぐ予約」というボタンが出ています。

ゲストは「いますぐ予約」を選択するとその場で即座に予約完了することができます。

予約手順を確認したら、後は入札手順をホストと確認し合う形となります。

「いますぐ予約」と聞くと何か怖いイメージをしてしまうかもしれません。

しかし「いますぐ予約」にはホストとゲスト双方にとってメリットがあります。

例えばホストのメリットは、

手間が減る・注目度アップ・検索順位アップ・スーパーホストのステータスに近づけるなどのメリットがあります。

ゲストにとっては早くホストを見つけることができ、いますぐ予約でスピード予約しても手数料が割増になることもありません。

予約をリクエスト

予約確定の前に手動で確認したいホストも大勢います。リスティングで「予約をリクエスト」をクリックします。

「予約をリクエスト」を送る際には、お支払い情報の入力が必須となります。

ホストが予約を承認できる期限は24時間で承認が降りると予約確定となります。

リクエストが承認されると、料金は全額課金されます。

リクエストが却下されたり24時間待っても返答がない場合、料金は発生しないので他の物件を新たに探すことになります。

事前承認とスペシャルオファー

予約を入れる前に、ホストに不明な点などを問い合わせることでホストから事前承認やスペシャルオファーで予約の誘いが届くことがあります。

☆事前予約とは→メッセージを送る時にあなたが入力した宿泊期間と人数で「予約を確定させていいですよ」という意思表示となります。

☆スペシャルオファーとは→「この日付でこの人数ならこの料金でいかがですか」とホストの方から予約の内容を指定して特別プライスを提示するお誘いのことです。

当日の流れについて

予約が完了すると次のような詳細メールが来て、詳しい住所も分かります。

当日の流れは、ホストの方と合流する時間を正確に決めておくと安心です。私はプロフィールを充実させて、ホストとのやり取りは以下のような感じでした。

I want to three nights from tomorrow.
I’m looking forward to seeing you.(私は、明日から3泊したいです。私はあなたにお会いするのを楽しみにしています。)

I will be home after 2pm. Please advise of your arrival time.(私は午後2時以降に家にいるでしょう。あなたの到着時間を教えてください。)

I’m going to arrive about 3pm.(私はだいたい午後3時に到着予定です。)

Great thanks.(ありがとう。)

自身の場合は、15:00に着くと伝えておきました。家に着いたらノックをするとすぐにホストの方が出てきてくれました。

家は広くて非常に快適でした。

またこちらの物件は朝食も自由に食べて良くて、食費が浮いたのも助かりました。

また自身の部屋は個室で掃除もしっかりとされていて、快適に眠ることができました。レビューの口コミも満点だったのですが、評判通り素晴らしいホストでした。

まとめとして

Airbnbの宿泊は普通のホテルではなく、誰かの家に泊まる手配をするということです。

最初は怖いと感じることもあるかもしれませんが、正しい使い方をすることで想い出の残る旅になります。

ホストの口コミやレビューが見れるので事前にしっかりと確認することが大事です。

私は実際に予約して滞在してみると非常に良いサービスで貴重な体験となりました。

ホテルでは感じられない普段の独特の生活感を間近に感じることができます。

旅の選択肢として、是非Airbnbも一度利用してみてください。

スポンサーリンク

Pocket

シェアして繋がりを広げよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在ワーホリしている人やワーホリ中の人、国内旅行や海外旅行が好きな人に役立つ情報を日々発信していきたいです。 大学は国際観光学部で旅行の勉強をしていました。 大学卒業後、会社員を経験しましたがオーストラリアでワーホリのために退職しました。もともと海外旅行が好きで大学在学中にカナダに短期留学やニュージーランドに海外実習の授業に行った経験があります。 いざ仕事を辞めるとなると貯金やワーホリ中やワーホリ後のことで不安になったり考え込む日々もありました。 しかし、いざオーストラリアに来てみると、『ワーホリに来てよかった!!』と思うことが多いです。 それと同時に、欲しい情報がすぐ手に入らないこともありました。 生活する上で必要な情報や手続きのこと、観光のこと、食べ物のことを私たちが詳しくまとめます。 パートナーのりかとオーストラリアでワーホリをして、その後、私たちの夢である世界一周旅行を叶え、旅行の魅力や役に立つ情報を発信していきます。そして多くの方の旅に役に立つよう記事を更新していきます。 出身地:香川県 趣味は主に旅行とお菓子作り。 好きな言葉:為せば成る、為さねば成らぬ何事も