オーストラリアで$10カットの散髪に挑戦した結果・・意外といいやん

Pocket

スポンサーリンク

オーストラリアでワーホリ中に散髪をしないといけない日も来ると思います。

ワーホリビザ滞在期間は1年あるので、その間に髪も伸びてしまいますよね。そこで散髪はどこですればいいのか気になると思います。

私も最初はオーストラリアの散髪ってどうやって見つけたらいいのか心配でした。

同じような疑問のある人にとって参考になれば幸いです。

こんな人におすすめの記事です!
①オーストラリアで散髪をしたい人

②オーストラリアのシティで安い散髪屋を探している人

オーストラリアで散髪するための主な3つの方法

①歩いて路上で見つける

オーストラリアでローカルの散髪を見つけるのは外出先の路上でたまたま見つけたところで切ってもらうのが良いです。

私の友人もどうやって散髪屋さん見つけたのか尋ねると、「路上でたまたま見つけた」と言っていました。

私も街中を歩いていたら、$10~$15カットの看板が多くありました。 日本でいう1000円カットのような感じですね。

私の初めてのオーストラリアでの散髪はシドニーでの$10カットでした。

☆因みにもちろんこの料金にはシャンプーなどのサービスは含まれていません。

②日本人美容室を予約する

2つ目の方法は、日本人美容室を予約して切ってもらうことです。

シドニーやメルボルン、ブリスベンのような大都市には日本人美容室があります。

散髪はやっぱり日本人に切ってもらいたいという人は、そこを予約していくのもいいですね。

ただし、値段は少し割高になります。オーストラリアドルで$35~$70ぐらいです。

しかし質を重視したい人はお金を出してでも日本人に切ってもらいましょう!!

③知り合いなどに切ってもらう

3つ目は、知り合いに切ってもらうことです。例えばオーストラリアで日本で美容師をしてた人に出会う場合もあります。

私の友人も、 美容師に頼んで15〜25ドルとかで安く切ってもらっていました。やはり日本の散髪クオリティは高いですね。

もしくは友人に切ってもらう、自分で切るという手もありますが、失敗するリスクもあるので美容師に切ってもらいましょう!!

シドニーとメルボルンで$10カットに実際に行ってみた!

私はオーストラリアで初めて散髪した時はたまたま$10で切ってくれるところを見つけました。 まさに日本でいう1000円カットのような感じです。

そこで散髪するとまずはバリカンから始まり、何と10分で終わりました。日本のような丁寧さはなくてガンガンにカットされました。

因みに後ろのみで申し訳ありませんが、髪を着る前はこんな感じだったのが・・

切った後は次の写真のような感じになりました。

さっぱりした感じに仕上げてくれました。

$10カットの感想は正直悪いとは思いませんでした。クオリティに関しては、少し日本の方が上だとは思いますが、私には問題はありませんでした。 ヘアスタイルにそこまでこだわりがないのなら、$10カットで十分だと感じました。

スポンサーリンク

$10カットって具体的にはどこにあるの?

シドニーやメルボルンなど街中を歩いていると至る所に、メンズ$10やレディース$15カットの散髪の看板があります。

シドニーはセントラル駅の地下のところで歩いていているとたまたま見つけました。その他にも適当にシティを歩いていると結構すぐ見つかります。

私はメルボルンでは2度$10カットを試みました。



この2つの散髪屋はどちらもメルボルンにあり、2つの店はお互い向かい側にありました。男性は$10、女性は$15でできるので激安です!

この2つの散髪屋もメルボルンで、これはお互い隣同士にありました。こちらも男性$10、女性$15で激安ですね!笑

このように適当にぶらぶらしているとシティではすぐに散髪屋が見つかります。

☆【参考】散髪の時に使った英語表現

Hello, haircut, please.(こんにちは、ヘアカットお願いします!)

写真を見せながら…Can you cut like this? (こんな感じに切ってくれませんか?)

Short,please? (短くお願いします!)

日本の散髪との違い

①日本でいう1000円カットが多い

日本では散髪する時はだいたい一回に3000円ぐらいは払っていました。 でもオーストラリアのシティを歩いていると数多くの$10カット、日本でいう1000円カットがたくさんあります。

順番待ちも少なく、カットのみなら$10カットで長くても20分ほどで散髪できます。

どうしても日本人に切ってもらいたいという人は、シドニーやメルボルンのような都市部に行けば日系の美容室もあります。

ただし、料金は少し割高になってしまいます。

②おもてなしが違う

オーストラリアで散髪した時はシャンプーする時間がなくて待ち時間もほとんどありませんでした。

とりあえずカットすればいいという印象でした。

それに対して、日本の散髪屋では「お湯かげんはいかがですか。かゆいところはありませんか。」とか気遣って声をかけてくれたりしますよね。

まあ、$10カットではシャンプーはもちろん別料金ですが、気遣いの例です。

また気軽に話しかけてくれる美容師さんも日本の散髪屋では多い印象です。

それに比べるとやはりオーストラリアの散髪屋はおもてなしの部分では少し劣る部分はあると思います。

まとめとして

海外にいてもやっぱり散髪は日本人にしてもらう方が良いっていう人も多いとは思います。

確かに質は日本人に切ってもらう方が断然良いです。髪型など細かく気にする場合は、英語が上手く伝わらないと失敗してしまう可能性が高いです。

しかし、本当に値段だけを重視する場合は$10カットでも問題ないですし、大幅に節約できます。

是非参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

Pocket

シェアして繋がりを広げよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在ワーホリしている人やワーホリ中の人、国内旅行や海外旅行が好きな人に役立つ情報を日々発信していきたいです。 大学は国際観光学部で旅行の勉強をしていました。 大学卒業後、会社員を経験しましたがオーストラリアでワーホリのために退職しました。もともと海外旅行が好きで大学在学中にカナダに短期留学やニュージーランドに海外実習の授業に行った経験があります。 いざ仕事を辞めるとなると貯金やワーホリ中やワーホリ後のことで不安になったり考え込む日々もありました。 しかし、いざオーストラリアに来てみると、『ワーホリに来てよかった!!』と思うことが多いです。 それと同時に、欲しい情報がすぐ手に入らないこともありました。 生活する上で必要な情報や手続きのこと、観光のこと、食べ物のことを私たちが詳しくまとめます。 パートナーのりかとオーストラリアでワーホリをして、その後、私たちの夢である世界一周旅行を叶え、旅行の魅力や役に立つ情報を発信していきます。そして多くの方の旅に役に立つよう記事を更新していきます。 出身地:香川県 趣味は主に旅行とお菓子作り。 好きな言葉:為せば成る、為さねば成らぬ何事も