【警告】オーストラリアでATMは使うな!入金(預け入れ)トラブル体験談

Pocket

スポンサーリンク

日本の銀行では、お金を入金したい時はATMを使って入金しますよね!

しかし、オーストラリアは違います。ATMは使ってはいけません。何故オーストラリアではATMを使ってはいけないのか自身のトラブル体験談も交えて書いていきたいと思います。

オーストラリアで入金(預け入れ)をしようとしている人にとって参考になれば幸いです。

日本とオーストラリアのATMの違い

日本のATMとオーストラリアのATMの大きな違いは、まず入金(預け入れ)に関してです。

日本のATMの場合は、預け入れというボタンから簡単にお金を入金することができ機械も正確に読み取ってくれます。それに対してオーストラリアのATMは預け入れは受け付けていないところが多いです。

なので、現金を入金(預け入れ)したい場合は窓口に行く必要があります。窓口は平日しか空いていないです。

またオーストラリアのATMは、24時間営業で口座を使っている銀行だと全支店で時間外でも土日でも手数料はかかりません。しかし、日本のATMだと手数料がかかることがあります。

その他の違いは、オーストラリアの銀行には通帳が存在しないのでATMを使う際にはカードを利用することになります。

オーストラリアには通帳がないので、口座残高などはネットバンキングで確認することになります。

ATMで預け入れをしてはいけない3つの理由

預け入れに対応しているATMがほとんどない

オーストラリアには、入金(預け入れ)に対応しているATMがほとんどありません。

自分もシドニーで何度か試したのですが、何故か入金(預け入れ)の項目のボタンが出てこないのです。出金の項目は出てきますが・・

日本のATMの場合は、引き出し・預け入れ・振込と全部対応していて便利です。

オーストラリア人の方も言っていましたが、お金を入金する時にATMを使ったことはないと言っていました。オーストラリアではお金を預け入れする時は窓口でするのが一般的なようです。

 カードが吸い込まれることがある

オーストラリアのATMの機械のトラブルで多いのが、ATMにカードを入れたら出てこなくなったというものです。

私はこのようなトラブルに遭ったことはありませんが、ATMは極力使わない方が良いみたいです。

出金したい時はスーパーでも簡単にすることができます。

ATMの性能が良くない

オーストラリアのATMは機械の性能が良くありません。

もし、旧型のATMで預け入れする場合は何と白い封筒が出てくるのです。その場合は自分で預け入れした金額の結果を確認することもできません。カウントミスがあることもしばしば…

しかも入金手続き完了には数日かかります。

自分が試したATMでは封筒が出てきませんでしたが、機械の読み取りがかなり遅いと感じました。日本のATMに比べると性能が良くないことは間違いないです。

スポンサーリンク

私は預け入れた$750が機械に吸い込まれた

私はWestpacの銀行を使っていて、ある日入金(預け入れ)しようとATMに向かいました。

そして預け入れのボタンを押して、金額を入力してお金を$850入金しました。この金額を預け入れしようとした理由はジャパレスで働いていた給料が現金手渡しだったからです。

しかし、システムエラーで「機械が故障しました」と出てきて、入金したお金が反映されなかったのです。何故か$100だけ出てきて、残りの$750は機械に吸い込まれてしまいました。

この大きな金額を機械が原因で一瞬で失ったのは、本当にショックは隠しきれませんでした。

次の日に直接窓口に問い合わせて、お金は何とか返ってきたのですがかなりの労力がかかりました。今回のトラブルにより、ATMは使わない方が良いということを学びました。

窓口で預け入れするのが確実で簡単!

それではオーストラリアで預け入れしたい時はどうすればいいのか?となりますが、窓口でするのが一番安心です。

窓口で預け入れする際に必要な持ち物は、銀行のカードと預ける現金のみです。窓口で「Deposit please」と言えば簡単に預け入れすることができます。

窓口で預け入れの取引が終われば、必ずレシートを確認するようにしてください。

オーストラリアで機械に頼るのはトラブルが多いのでおすすめできません。 大切 なお金は窓口で確実にお預け入れするようにしてください。

まとめとして

オーストラリアでは、日本よりATMの性能が良くなくてトラブルが多いので窓口で預け入れすることを強くおすすめします。

窓口で銀行員に、数えてもらって預け入れする方が確実で安心です。

皆さんには自分と同じようなトラブルには遭って欲しくありません。

あのトラブルからはオーストラリアではATMは一切使わないようにしています。

因みに私は電車のカードをチャージする時にもディビットカードを使用して入金ミスのトラブルに遭ったことがあります。

勝手に機械がシャットアウトして銀行からお金は引かれるが、電車のカードにはお金が入っていないというものです。この場合は、電車のカードのカスタマーセンターに問い合わせて、返金してもらえましたが。

これらのことからもオーストラリアは機械のトラブルが多いので、使わない方が無難です。

今回の記事が参考になれば幸いです。。

スポンサーリンク

Pocket

シェアして繋がりを広げよう

4 件のコメント

  • 初めまして。Mizukiと申します。ブログを拝見させていただいてお聞きしたいことがありコメントいたしました。
    ANZの支店にあるATMで、同様にお金が$205吸い込まれてしまいました。故障ではなく、お金を入れた段階でカウントミスがあったのでキャンセルを押したら吸い込まれました。
    支店スタッフの人に事情を話し、当日中に口座へ振り込んでおくよと言われたのですが 翌日になってもまだ来ていなくて。。
    後日問い合わせをして、お金が戻ってきたということですが、$850入れたということは どのように信じてもらえたのでしょうか。。?
    長々とすみません。お返事いただけると助かります。よろしくお願いします。

    • コメントありがとうございます。かなり焦りますよね。
      $850吸い込まれた翌日に、同じ場所にあるATMの支店まで行って紙のレポートを提出しました。
      ATMに何月何日の何時頃に吸い込まれたのか、伝えてATMの機械の中身をチェックしてくれました。

  • こんにちは、最近というかまさに今日同じことがありました。ATMを使っていて処理が終わらずに強制終了されてきました。どうしてお金がかえってきたのか詳しく聞きたいので連絡ください。

    • コメントありがとうございます。コメント時に記入いただいたメールアドレスの方にも連絡させたいただきました。ご確認ください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    はっしー

    香川県出身でワーホリ2年目のはっしーです! 趣味は主に旅行とお菓子作り。これからワーホリを考えている人やワーホリ中の人、国内旅行や海外旅行が好きな人に役立つ情報を日々発信しています。 パートナーのりかとオーストラリアでワーホリをしていてその後、私たちの夢である世界一周旅行を予定しています。