オーストラリアのレンタカーの借り方と保険の注意点まとめ

Pocket

スポンサーリンク

私はオーストラリアのタスマニアでレンタカーを借りました。

タスマニアに旅行へ行くとしたら、手段はツアーか車でした。特に初めてオーストラリアでレンタカーを借りる方にとっては、手順が分からない人も多いと思います。

レンタカーを借りる際には色々な注意点があります。 特に保険に入らずに事故を起こしてしまうと、高額な請求は避けられません。

ただ、任意保険をつけるとレンタカー代より高くなるので入るか迷う人もきっと多いですよね。

ある人の例では保険に入った時は何もなかったのに、任意保険に入ってなかった時に限って事故が起きてしまったこともあります。

今回はオーストラリアでレンタカーを借りる際の注意点や任意保険に入らなかった場合のリスクなども含めて詳しく説明していきます。

こんな人におすすめの記事です!
①オーストラリアでレンタカーを借りる際の保険について知りたい方

②オーストラリアのレンタカーの借り方についての注意点を知りたい方

③任意保険に加入するか迷っている人

オーストラリアでレンタカーを借りる際の必要な持ち物

オーストラリアでレンタカーを借りる際には必ず必要な持ち物があります。

注意点も含めて説明するので参考にしてください。

国際免許証

オーストラリアでレンタカーを借りる際には、日本で国際免許証を取得しておく必要があります。

国際免許証とは、日本で運転免許証を保持している人が日本以外の条約加盟国で運転する事を可能にするための証明書です。

国際免許証に関しては即日交付してくれるところもありますが、居住している場所によっては日数がかかる場合もあるので余裕を持って申請する必要があります。

注意点は有効期限が1年間であることです。

クレジットカード

クレジットカードは、レンタカーを借りる際の支払いに必要となります。

オーストラリアでクレジットカードを新たに作るとまたお金がかかるので、日本のクレジットカードを用意しておくと良いです。因みにデイビットカードは断られました。

オーストラリアでレンタカーを借りる方法

レンタカーの借り方は日本とは違いはありません。

事前にネットで予約をしておき、現地で受け取るのが一般的です。予約時に、オプションとしてカーナビをつけたり保険をつけたりすることもできます。

〈レンタカー借り方手順まとめ〉

1、事前にネットで予約

2、レンタカーの貸出カウンターに行って、キーを受け取る手続きをする

3、返す前にはガソリンを満タンにする

4、鍵を返却

レンタカー会社に払った料金

オーストラリアでレンタカーを借りると料金はどれぐらいか気になりますよね。

オーストラリアは広いので場所にもよりますが、$60〜$70が1日の料金の相場だと言われています。

私は実際に、オーストラリアのタスマニアで2つのレンタカー会社から車を借りたことがあります。

そこで、レンタカー会社に払った料金の内訳を書いていきます。タスマニアはレンタル自体の料金はそこまで高くはありませんでした。しかし保険など色々オプションをつけると$100は超えました。

※これは借りる車や場所や時期にもよるのであくまで参考程度にお願いします。

Budget(バジェット)に支払った2日間の料金内訳

2日間のレンタル料金 $50.32
Admin Fee(管理費用) $15.00

Vehicle Reg Fee

(車両標準費用)

$13.00
Loss Damage Waiver-INCLUDED Excess Reduction

(フルカバー保険)

$54.00
RoadsideAssistance

(ロードサービス)

$10.00
GPS Navigation

(カーナビゲーション)

$24.00
10%GST(税金) $16.6
合計 $182.92

 

Avis(エイビス)に支払った2日間の料金内訳

2日間のレンタル料金
$35.98
Admin Fee(管理費用) $6.06
Vehicle Reg Fee

(車両標準費用)

$13.00
Loss Damage Waiver-INCLUDED Excess Reduction

(フルカバー保険)

$60.00
RoadsideAssistance

(ロードサービス)

$10.00
10%GST(税金) $12.5
合計 $137.54

やはり保険をつけると高くはついてしまいます。オプションをつけるかつけないかは自由ですが、良く考える必要があります。運転に慣れていない人は万が一の為に保険をつけておくことをおすすめします。

また、レンタカーの料金を比較できるサイトもあるので載せておきますね。

参考URL: https://www.rentalcars.com/au/country/au/

料金内訳のまとめ

料金は、半日借りるとしても1日の料金となります。例えばレンタカーを1日半借りたとしたら2日分の料金がかかります。

勿論値段に関しては、レンタカー会社や車の種類などによって異なります。

先程の表でも分からない語句とか出てきたと思います。なのでオーストラリアでレンタカーを借りる際に必ずかかる料金と保険料金内訳などについてもう一度まとめておきますね。

①レンタル料金→レンタカーの貸出料金です。

②Admin Fee→管理費用で手数料のようなものです。

③Vehicle Reg Fee→レンタカーの車両の登録費用のようなものでした。

④Loss Damage Waiver-INCLUDED Excess Reduction→任意保険でオプション料金としてつけることができます。 Loss Damage Waiverは車両の破損に対する限度額を設けるものです。それにExcess Reductionを加えることで負担額をより軽減させてくれます。

⑤RoadsideAssistance→車に何かトラブルがあった時に配送してくれるサービスです。

⑥税金10%GST→サービス全般に10%課せられる税金です。

※因みにカーナビのオプションはBudget(バジェット)にはありましたが、Avis(エイビス)にはありませんでした。

カーナビゲーションはこのような感じのものを貸してくれました。

スポンサーリンク

レンタカーを借りる際の注意点

任意保険はつけておいた方が良い!

先程も書きましたが、レンタカー契約時には、任意保険のことを聞かれますがつけておいた方が安心です。

スタンダードな最低限の保険に関しては、基本料金に含まれていることが多いです。 最低限の保険というのは、人及び車のみに損害を与えた場合のみに適用されます。

しかしもし万が一事故を起こしてしまえば、LDW(Low Damage Waiver)といって必ずレンタカー代に含まれているサービスにより免責が最低限になりますが、おそらく$3000〜$4700ほどの請求がきます。

返却後だいたい1週間後にクレジットカードにその金額の請求が来て、修理にかかった金額の差額が後日返却されるそうです。

もし免責軽減の任意保険をかけておけば、車が故障しても$300〜$500で済みます。条件はレンタカー会社によっても異なるので事前に確認が必要です。

任意保険はケチらずに必ずかけておくようにしましょう!

★交通違反での事故や、未舗装道路での事故は保険対象外となります。また洗車などの諸経費や内装の破損や傷なども対象外となります。

借りる車の現状を把握しておく!

レンタカーを運転する前には必ず借りる車の現状を把握しておくべきです。

車両に汚れや傷はないのか、窓ガラスは割れていないのかなどです。もし目立つ傷があれば、車両のレンタル書に記載してもらう必要があります。

特にガラスの傷は、運転中に更に広がる可能性もあります。返却時にトラブルとならないように傷があれば必ずチェックしてもらう必要があります。

しっかりと丁寧に見ておき、少しでも傷があればあらかじめ写真などで残しておくことをおすすめします。

またタイヤにも傷がないのか、ナンバープレートの下の黒いカバーには傷がないのか、隅々まで見逃さないようにしてください。見逃したままサインすると後で修理代を請求されるかもしれません。

レンタル契約書の控えとレシートを必ず忘れずに受け取ってください。

★窓ガラスやタイヤの故障は任意保険には含まれておらず、全て実費となります。

ガソリンは満タンにしてから返すべし!


オーストラリアのガソリンスタンドは日本とは違い全てセルフとなります。

日本と違うのは、先に給油してからお金を払うことです。

こちらが給油している時の写真です。給油が終了したら、事務所もしくは併設されているお店のカウンターに行き、給油機の番号を告げると金額を言ってくれます。

このシステムだと、入れ逃げが起こらないか心配ですが民度の保険というのは高い国だからこそ実現しているのだと感じます。

オーストラリアにもETCはある!

オーストラリアにはハイウェイという名前の道路がありますが、これは一般道路と同じ扱いで料金は発生しません。

ただし、「Motor Way」とついている場合、M3やM7のように道路の番号にMの文字が表記されていると有料道路扱いとなります。

この有料道路は、シドニーやゴールドコーストのような大都市の道路に良く見られるようです。タスマニアにはありませんでした。

タスマニアはこのような細い道路が多い印象でした。

またオーストラリアの高速道路には、日本のように料金所がありません。しかし、オーストラリアの有料道路にはETCに似た無人課金システムがあります。

オーストラリアを走る車には、基本的に課金装置がついていて高速道路の入口を通過すると音が鳴り、引き落とされる仕組みとなっています。

レンタカーには、あらかじめ装置がついているものとついていないものがあります。

装置がなくても通行はできますが、申告しない場合はペナルティ料金が加算された上で請求が来てしまいます。

なので、あらかじめレンタカー会社に確認するようにしましょう!

事前に交通ルールを把握しておく!

車の運転は日本と同じように左側通行・右ハンドルです。オーストラリアの道路で良く見かけるのが、「ランナバウト」です。

またスクールゾーンも要注意です。スクールゾーンでは40km以下で走る義務があります。

またバスレーン(バス専用車線)に侵入してしまうと罰金となってしまいます。

保険に入らず事故になってしまった場合の友人の例

事故になってしまった場合の例は、高速道路での玉突き事故です。

(不注意でセンターラインをはみ出して、対向車に接触しその車が後続車と衝突)

全員無事でしたが、けが人が出たのと車3台が破損する大きな事故でした。

オーストラリアの場合は労災のような機関があり、そこから治療費は支払われます。

加害者となってしまった場合は警察からの事情聴取があり、交通法違反により裁判所に行って罰金を払うことがあります。

一般的にはオーストラリアのレンタカーには強制保険がありますが、免責額が$2000~$4000ほどでその金額を超えるまでは実費です。

もしも任意保険に入っていなかった場合は、最大で約$4000ほどレンタカー会社に払います。またそれとは別途で裁判所での罰金も支払う必要があります。

更に血液検査の費用や救急車代も別途請求されます。日本の場合は救急車呼ぶのは無料ですが、オーストラリアの場合はお金がかかるのです。

まとめとして

オーストラリアは運転はしやすい国ですが、オーストラリアに限らず任意保険には入った方が良いと思います。

事故の例にもあったように、何かがあった時のための保険です。

確かに高いと感じるかもしれませんが、別途保険料を支払うことで補償範囲が広がり、事故の時の免責額を下げることもできます。

事故にならないように、安全運転でオーストラリアのドライブを楽しんでください。

これからレンタカーを借りる方にとって是非参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

Pocket

シェアして繋がりを広げよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在ワーホリしている人やワーホリ中の人、国内旅行や海外旅行が好きな人に役立つ情報を日々発信していきたいです。 大学は国際観光学部で旅行の勉強をしていました。 大学卒業後、会社員を経験しましたがオーストラリアでワーホリのために退職しました。もともと海外旅行が好きで大学在学中にカナダに短期留学やニュージーランドに海外実習の授業に行った経験があります。 いざ仕事を辞めるとなると貯金やワーホリ中やワーホリ後のことで不安になったり考え込む日々もありました。 しかし、いざオーストラリアに来てみると、『ワーホリに来てよかった!!』と思うことが多いです。 それと同時に、欲しい情報がすぐ手に入らないこともありました。 生活する上で必要な情報や手続きのこと、観光のこと、食べ物のことを私たちが詳しくまとめます。 パートナーのりかとオーストラリアでワーホリをして、その後、私たちの夢である世界一周旅行を叶え、旅行の魅力や役に立つ情報を発信していきます。そして多くの方の旅に役に立つよう記事を更新していきます。 出身地:香川県 趣味は主に旅行とお菓子作り。 好きな言葉:為せば成る、為さねば成らぬ何事も