キュランダ観光は個人でもできる!ケアンズから格安で行く方法

Pocket

スポンサーリンク

こんにちは!オーストラリア一周旅行をした、はっしーです。

ケアンズに来たらまず外せないのが100年以上の歴史を持つ観光客に人気のキュランダ鉄道です。

ケアンズからキュランダ観光には、移動手段などどうやっていくべきか迷いますよね。私は個人でできる限り格安で行こうと思い、キュランダへの旅行を手配しました。

今回はキュランダへの旅行の手配の仕方や実際の体験談について記載していくので、是非参考にしていただけたらなと思います。以下に当てはまる方におすすめの記事となります。

こんな方におすすめの記事です!
①できるだけ低予算でキュランダ観光に行きたい方

②車を持っていない人

③片道はスカイレールにも乗ってみたい人

キュランダ鉄道ってそもそも何?

キュランダ鉄道とは、オーストラリアの都市であるケアンズからキュランダ村へと伸びるキュランダ高原列車です。

キュランダ村はケアンズの中心地から約20キロメートル離れています。キュランダ鉄道は世界遺産でもある熱帯雨林を車窓から楽しむことができ、非常に人気となっています。

世界遺産・熱帯雨林を走るキュランダ鉄道

キュランダ鉄道は1日に2往復していて、朝は8:30と9:30で帰りは14:00と15:30のみです。

ただこのキュランダ鉄道は、ツアー客だけではなく、一般的な生活の足として利用している人もいます。ツアー用の車両と一般客用の車両に分かれています。個人で乗る場合は後部座席に乗るほうが良い景色を見ることができます。

またキュランダ鉄道だけでなく、往路か復路のどちらかでスカイレールを利用するのも人気です。スカイレールはキュランダとケアンズ郊外のカラボニカを結ぶ空の道です。

私は実際に往路はスカイレール、復路はキュランダ鉄道に乗ってきて格安で旅することができました。個人的にはせっかくなのでスカイレールとキュランダ鉄道両方に是非乗って欲しいです。

空から眺める熱帯雨林

そこで私は、スカイレールとキュランダ鉄道の両方に乗るためにキュランダへの旅をどんな感じで手配したのか説明したいと思います。

私のキュランダへの旅の手配の方法について

キュランダは人気な観光地なだけあってたくさんのツアーも出ています。

ツアーと言っても、スカイレールとキュランダ鉄道のチケットのみを手配してくれるものもあります。この場合はガイドなしで個人でキュランダへの旅を楽しむことができます。

その中でも色々探した中で安く便利だったものを紹介したいと思います。それはこちらのサイトからの申し込みです。

参加ツアー名は、【キュランダ観光チケット(スカイレール+キュランダ観光鉄道+片道バス)】でガイドはなしです!

理由は行きはケアンズ市内のホテルまでピックアップしてくれ、行きはスカイレール体験・帰りはキュランダ鉄道の体験ができます。料金は私が参加した時は110ドルで、現地のスカイレール社が販売している料金よりも格安でした。

こちらはツアーというよりは、チケットの手配はこちらで準備するから後は個人で楽しんでねという感じの内容です。帰りのキュランダ鉄道の乗車時間は14:00か15:30から選べて、この時間さえ守って乗り遅れなければ大丈夫です。

このプランの良い点は、キュランダ鉄道とスカイレールのどちらも体験できるということです。またアクセスの良くないスカイレールの乗り場までも連れて行ってくれます。バスで行く場合だと、バスの本数は1時間に1本と多くありません。

キュランダ観光の1日の流れ

キュランダ観光の流れは以下のような感じでした。キュランダを個人で格安で楽しむことができます。

・8:30頃(又は9:30頃)→ケアンズ市内のホテルまでピックアップしてくれます。

・9:15頃(又は10:15頃)→スカイレールの発着所であるカラボニカ駅に到着後、チケット受取窓口にてツアー参加券と乗車券を引換えてくれます。☆その時に日本語のガイドブックも貰えました。

スカイレールに乗車し、終点のキュランダ駅まで2つの停車駅(レッドピーク駅、バロンフォールズ駅)で下車します。☆ボードウォークや遊歩道の散策など熱帯雨林を楽しむことができます。

・10:45頃(又は11:45頃)→スカイレールでキュランダ駅に到着します。あとはキュランダで自由に散策や買い物、ランチなどをします。

・14:00/15:30→キュランダ駅からキュランダ鉄道に乗車します。☆出発時間はこの2つの中から選べますが帰りの列車はこれしかないので注意してください。

・16:00/17:30頃→ケアンズ市内のセントラル駅に到着し、ここで解散となります。

キュランダ観光のおすすめな3つの楽しみ方

ゴンドラに乗って上空から景色を眺める!

⬆️ ゴンドラで、空の旅を満喫できます!

この滝は、世界遺産にも指定されているバロン渓谷国立公園の中心的な存在です。写真を見るだけでも圧巻ですが、実際に見るともっと迫力があります。この滝を見るために、多くの観光客が訪れています。

ゴンドラに乗るときには、キュランダ駅に到着するまでにレッドピーク駅とバロンフォールズ駅があり、途中下車できます。

めったにできない熱帯雨林を通るという体験ができます。ゴンドラに乗りながらまるで映画で見るような熱帯雨林の景色を見ることができます。

キュランダ鉄道で1億年前の熱帯雨林を感じる!

キュランダ鉄道に乗ると、熱帯雨林の中を走り、山の中をゆっくりと進んでいきます。車窓からの風景をゆっくりと楽しみながらのんびりした時間を過ごしましょう。

最初は森林やトンネルなどがずっと続く道ですが、いきなりパット絶景が現れる瞬間があります。車内アナウンスでも絶景ポイントがあれば伝えてくれるので、シャッターチャンスを逃さないようにしましょう。途中で停まってくれる箇所もあるので、一旦外に出て写真を撮ることもできます。

キュランダ鉄道の一番のハイライトの絶景は、先ほども説明したバロンフォールズです。 滝を上空から眺めるのも、キュランダ鉄道から眺めるのも何か違った景色を感じられておすすめです。巨大な滝をゆっくりと鑑賞してみてください。

キュランダの街歩きを楽しむ!

キュランダ駅はこのような可愛らしい駅です。何とこの建物自体も世界遺産にも登録されています。

キュランダ駅の構内はこのようなトロピカルガーデンになっており、アートのようです。

キュランダ村は1960年頃からヒッピーたちの集落として栄え始めたと言われています。その後この村にショップやカフェが次々と増えていき、今ではケアンズで一番とも言われるほどの観光スポットになっています。

村はこじんまりとはしていますが、見所はたくさんあります。

例えば、マーケットではキュランダならではのオリジナル商品が並んでいて、ショッピングを楽しんだりできます。見ているだけでも楽しめます。

他にはコアラを抱っこできる施設などもありますし、ハイキングルートも整備されておりキュランダの熱帯雨林を感じることができます。

こういう道をハイキングで渡っていきます。あとは、伝説の青い蝶を見られるバタフライサンクチュアリという施設も有名です。

まるで日本にいるかのような雰囲気

キュランダ観光をすると、あちらこちらで日本語の表示を見かけました。

例えばこのような感じです。

日本語ではちみつと書いてあります。

他にはかき氷屋さんもありましたし、

こういうお店もありました。歩いているだけで色々なお店があって楽しめます。

それとビックリしたことはュランダでは現地で働いている日本人が多かったことです。日本語で声をかけられたり、「日本語大丈夫ですよ~」って言われたりもしました。

更にはキュランダ駅に到着する前に写真を撮ってくれたのですが、写真を販売している方まで日本人でした。

インフォメーションセンターに行くと、日本語の案内も貰えました。

キュランダ鉄道では日本語のアナウンスまで流れる場面もありました。英語が苦手な方でも観光しやすい環境です。

キュランダ観光をして感じたこと

こちらの写真はキュランダ鉄道の車内の様子です。車内は席も広くて、内装も非常に歴史を感じます。車内にはキュランダ列車の開拓の様子を写した写真なども展示されているのでゆっくり見てみてください。

最初はキュランダといえば、キュランダ鉄道に乗るだけがメインだと思っていましたがそんなことはありませんでした。

実際にキュランダを散策してみて、小さい村ですが可愛くてオシャレな店がたくさんありここでしか買えないようなお土産もありました。

まとめとして

キュランダ観光についてまとめてみましたがいかがでしたか?

もう一度まとめると今回私が紹介したサイトは、

①キュランダ観光をしたいけど車を持っていない。

②でも片道はスカイレールにも乗ってみたい。

③できるだけ格安でガイドなしで個人で楽しみたい

という方には最適なプランだと思います。

またキュランダ鉄道は「世界の車窓から」の番組でもこの風景を使用したと言われているそうです。当時の面影がそのまま残っているキュランダを大いに満喫して下さいね。

今回の記事で紹介したツアーの詳細

・ツアー名→キュランダ観光チケット(スカイレール+キュランダ観光鉄道+片道バス)༅―ガイドなし

出発地→ケアンズ市内のホテル

URLhttps://tour.his-oceania.com/city/cns/detail.php?tid=3784

日本発着からのツアーにも参加できます。→

スポンサーリンク

Pocket

シェアして繋がりを広げよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

はっしー

香川県出身でワーホリ2年目のはっしーです! 趣味は主に旅行とお菓子作り。これからワーホリを考えている人やワーホリ中の人、国内旅行や海外旅行が好きな人に役立つ情報を日々発信しています。 パートナーのりかとオーストラリアでワーホリをしていてその後、私たちの夢である世界一周旅行を予定しています。