「えっ!オーストラリアって雪降るの?」ワーホリでスキー場も行こう!

Pocket

スポンサーリンク

オーストラリアでも実はスキーやスノボーができるって知っていますか?

オーストラリアは温暖なイメージを持っている人が多いと思います。

日本ほどはシーズンは長くありませんが、オーストラリアにもスキーシーズンがあります。

日本の夏の時期にオーストラリアへ来ると、スキーやスノボーができる場所があるんです。

オーストラリアにワーホリに来たら、是非スキー場にも遊びに行きましょう!

オーストラリアで雪が降る場所なんて想像できないあなたへ。

ここでは、オーストラリアでのスキー場をいくつか紹介していきたいと思います。

こんな方におすすめの記事です!
①オーストラリアでスキー場に行ってみたい人

②オーストラリアのスキー場の場所について詳しく知りたい人

まずオーストラリアの雪が降る地域は?

オーストラリアは国土が非常に広いですが、雪が降るのは一部の地域です。

雪の降る場所はニューサウスウェルズ州、ビクトリア州の山々、キャンベラ、タスマニアです。

スキーシーズンは、6月下旬頃から9月の終わり頃までと言われています。

オーストラリアのスキー場を紹介します!

ニューサウスウェルズ州のスキー場

ニューサウスウェールズ州では、コジウスコ山という場所の麓に数カ所のスキー場があります。

オーストラリア最高峰マウントコジウスコを中心として広がるスノーウィマウンテンズはオーストラリア随一のスキーリゾートです。

ベースの街は、Jindabyne(ジンダバイン)です。ここが起点となりこれから紹介するスキー場にバスで訪れることができます。

これらのスキー場は隣接しているので、1カ所に滞在するだけで広大なスキー場を一気に楽しめるのです。

Thredbo(スレドボ)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Ski Mojo Australia & Asia (@skimojoasia) on

→オーストラリアを代表するスキー場で、オーストラリアで唯一のスキーワールドカップが開催された場所でもあります。

初心者専用エリアやレッスンなどもあり、初心者でも安心して楽しめるような配慮もされています。

ホテルやロッジは約80件!レストランやバー、お土産屋も多く揃っています。

Perisher Blue(ペリシャーブルー)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Brett Hadden (@australiansleddogs) on

→全体の規模は、南半球最大のスキーリゾートです。日本では考えられないようなスケールの大きさに圧倒されること間違いなしです!リフト機は何と47もあります。

リフト券はエリア内共通で4つのリゾート地が一体となっているため色々なタイプのコースを滑走できます。

ホテルやロッジの総数は約40件あります。

Charlotte Pass(シャルロッテパス)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Melanie Dodd (@melmurtleturtle) on

→ジンダバインから行けるスキー場の中では最も規模の小さいスキー場です。

コースは初中級者向けが全体の約9割を占めています。

スポンサーリンク

ビクトリア州のスキー場

ビクトリア州のスキーは、特に週末はメルボルンからたくさんの人たちが出かけています。

オーストラリアを代表する大規模なスキー場もあり、長期滞在してコースを滑り尽くすのもおすすめです!

週末はメルボルンから格スキー場へツアーが出ています。

Mt Buller Alpine Village(マウントブラー・アルパインビレッジ)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Andrew Schmidt | Photographer (@element.schmidt) on

→受け入れ施設の面ではオーストラリア最大のスキー場です。メルボルンからは最も近場のスキー場で週末は日帰り観光客で賑わいます。

コースは初級から上級までバランスよくあり、7月から9月中旬までは、綺麗な星空のもとで楽しめちゃいます。

宿泊施設はユースホテルからデラックスホテルまで5000人収容可能で、ゲレンデ前にはスキーショップ、郵便局、レストラン、映画なども集まっています。

Falls Creek Alpine Village(フォールズクリーク・アルパインビレッジ)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Al Risha (@_fish.eye_) on

→クロスカントリーが開催されることで有名なリゾート地で、マウントブラーと並ぶビクトリア州有数のスキー場です。

全コースの6割ほどは、中級者コースとなっています。夕日を見れるツアーなども用意されています。

施設に関しては、20件のロッジに7件のホリデーアパート、スーパーやレストラン、バーなども揃っています。

Mt Hotham Alpine Village(マウントホッサム・アルパインビレッジ)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by A Page for all Snowboard Fans (@board_st1ff) on

→ビクトリア州のスキー場の中では、最も高地にあります。

全体的には中上級者のコースが多いですが、初心者でもなだらかな距離の長いコース取りができます。

またレストランやカフェなどの飲食店、またスーパーなど施設も充実していて、温泉スパなどもあります。

実際のスキー場の現場の様子(写真付きで)

私は今回紹介した6つのスキー場の中で、Mt Hotham Alpine Village(マウントホッサム・アルパインビレッジ)に行ったことがあります。

ここでのスキー場の様子を写真付きで説明していきますね。

スキーシーズンはバスが出ていて、バスでスキー場に辿り着きました。

こちらの3枚の写真が到着後の外の様子です。本当に広くて見た瞬間、圧倒されました。

また施設がすぐ近くにあり、中に入るとスキーやスノボーのレンタルができるところや休憩所などがあります。

コンビニのようなスーパーマーケットもあります。また温泉スパや日本食レストランなどもありました。

オーストラリアなので物価は高めですが、施設は充実していました。

またこのような素晴らしい雪山の景色を見ることができ、この前で写真を撮る人がたくさんいました。

以上がMt Hotham Alpine Village(マウントホッサム・アルパインビレッジ)の現場の様子となります。他のスキー場もこのような感じでお土産店なども充実しています。

オーストラリアワーホリでスキー場の仕事もできる!

オーストラリアのワーホリで少し変わった経験をしてみたい!というあなたにおすすめするのが雪山での仕事です。

日本ではリゾートバイトなどでスキー場の仕事を経験できますが、オーストラリアでもできます!

主に募集は毎年4月からかかり、仕事は6月頃から始まります。以下の記事に雪山でのハウスキーピングの仕事体験談を詳しく記載しています。興味があれば是非読んでみてください。

まとめとして

オーストラリアは日本と季節が逆で、雪が降る地域も一部ですがあります。

私もオーストラリアに来る前は、雪が降る地域もあることは全然知りませんでした。

オーストラリアは国土が広いので、もしケアンズに行けば熱帯でずっと夏ですし、雪が降る場所に行けばスキーを楽しめます。

同じ時期に全く違った経験ができるのも、オーストラリアならでは!オーストラリアは夏と冬を同時に味わえる世界で唯一の国なのです。

ワーホリでオーストラリアへ来たら、是非スキー場でも遊んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

Pocket

シェアして繋がりを広げよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

はっしー

香川県出身でワーホリ2年目のはっしーです! 趣味は主に旅行とお菓子作り。これからワーホリを考えている人やワーホリ中の人、国内旅行や海外旅行が好きな人に役立つ情報を日々発信しています。 パートナーのりかとオーストラリアでワーホリをしていてその後、私たちの夢である世界一周旅行を予定しています。