【自力で仕事探し】オーストラリアワーホリで仕事を見つけるための5つの方法

Pocket

スポンサーリンク

こんにちは、2年間オーストラリアでワーホリをしていたハッシーです。

初めてオーストラリアにワーホリに行く人はどうやって仕事を探せば良いのか不安ですよね。

今回の記事では、仕事探しが不安な方に向けてオーストラリアで仕事を見つけるための主な5つの方法をお伝えしていきます。

私はオーストラリアでは日本食レストラン、ファーム、ハウスキーパー(客室清掃)など色々な仕事を経験しました。

私自身の経験も交えながら解説していくので、是非参考にしてみてください。

こんな人のために書いた記事です!
・オーストラリアのワーホリに行く予定のある人

・オーストラリアワーホリでの仕事探しの方法を知りたい人

・オーストラリアで一人で仕事を探すのが不安な人

仕事探しの基本的な3つのステップ

ハッシー

オーストラリアで仕事を見つけるまでの簡単なステップをまずは理解しておきましょう!

①履歴書を作成する

仕事探しをするためには、まず履歴書を作成する必要があります。

日本食レストランなど日系の仕事では日本語の履歴書でも大丈夫と言われることはあります。

しかしオーストラリアのローカルの仕事をするには、英文履歴書も必要になります。

またカバーレターといって、履歴書と一緒に送付する挨拶状のようなものも必要です。

日本語の履歴書だと手書きで書きますが、英文履歴書やカバーレターはパソコンで作成することになります。(日本にいるときから準備はできます。)

オーストラリアで履歴書を印刷する場合、オフィスワークスという印刷できる店は各都市に点在しています。

②求人を探して応募する

履歴書を作成できたら、実際に求人を探して応募します。

求人の見つけ方に関しては、次の見出しの項目で紹介しているので参考にしてください。

③雇用主からの連絡を待つ

応募が終わったら企業からの連絡を待ちます。

連絡が来るところもあれば、全く来ないことも多いです。

少しでも、興味のある求人を見つけたら積極的にたくさん応募してみてください。

オーストラリアで仕事を見つけるための5つの方法

 

ハッシー

オーストラリアで仕事を見つける方法は主に5つあります。

それでは、ここから順番に解説していきます。

①日本語の求人サイトを利用する

一つ目は日本語の求人サイトで探す方法です。

日本語で問い合わせなどできるので、英語が苦手な方でも気軽に利用できます。

掲載されている主な仕事は、日本食レストラン・ファーム・オーペア・販売員・ハウスキーパーなどです。

オーストラリア全国版の求人サイトには、日豪プレスとJams.TVがあります。

オーストラリアの都市ごとの求人サイトもあります。

例えばシドニーで求人を探したい場合はチアーズ、メルボルンで求人を探したい場合は伝言ネット、アデレードで求人を探したい場合はGo豪アデレード、パースで求人を探したい場合はパース通信があります。

それぞれ求人情報だけでなく、住まいやイベント情報なども載っているので是非チェックしてみてください。

・日豪プレス(全国版)

https://nichigopress.jp/

・Jams.TV(全国版)

https://www.jams.tv/

・チアーズ(シドニー)

https://cheerz.cz/

・伝言ネット(メルボルン)

https://www.dengonnet.net/melbourne/

・Go豪アデレード(アデレード)

https://www.gogoadelaide.com.au/

②英語の求人サイトを利用する

二つ目はローカル(現地)の求人サイトを利用する方法です。

日本語の求人サイトに比べると幅広く仕事探しができます。

例を挙げると主に以下のような求人サイトがあります。

・Seek(シーク)

https://www.seek.com.au/

・Gumtree(ガムツリー)

https://www.gumtree.com.au/

・Indeed(インディード)

https://au.indeed.com/m/

・Careerone(キャリアワン)

https://www.careerone.com.au/

・Backpacker Job Board(バックパッカージョブボード)

https://www.backpackerjobboard.com.au/

特に有名な求人サイトは、Seek(シーク)Gumtree(ガムツリー)でこの2つのサイトは求人数も多いです。

オーストラリア人も応募している現地のサイトなので、ワーホリの人も募集しているか確認した上で応募してください。

どれぐらいの英語力が求められるのかなど事前に応募条件をよくチェックしましょう!

またローカルの求人を応募する際は、英文履歴書やカバーレターも必要です。

応募後の大まかな流れは、ほとんどの仕事はエージェントが仲介に入っており、エージェントが雇用主に応募者の情報を提供します。

そしてエージェントから連絡が来て、面接の日程などを決める流れとなります。

私は何個か応募してみて、全く連絡のないケースも多かったので、できる限りたくさん応募してみた方が良いと思います。

③Facebookのコミュニティを利用する

Facebookの検索窓で例えば【シドニー掲示板】や【Farm Job】と検索することで、仕事情報を掲載しているグループを見ることができます。

英語で検索してもコミュニティなど出てきます。

特にファームの仕事を探したい人は、ファーム情報の仕事も多く掲載されているので是非活用してみてください。

しかし違法の悪徳ファームと言って、政府から正式に認められていないファームも中にはあるので注意して探してください。

悪徳ファームに注意!オーストラリアのファームジョブの適切な探し方

悪徳ファームに引っかからないためにどうすれば良いかこちらの記事で詳しく書いています。

④職場に履歴書(レジュメ)を直接持っていく

これは勇気のいる方法ではありますが、職場に飛び込みで履歴書を持っていくという方法です。

この方法は海外では、珍しくはなく効率的な方法とも言えます。

実際に私の知り合いでもこの方法で仕事を見つけている方はいました。

お店の人に現在求人を募集しているのか聞いてみてください。

実際に店舗に求人情報の貼り紙を出しているところもあります。

履歴書をたくさん用意して配る場合はどこのお店だったか忘れてしまう場合もあるので、メモは必ずしておきましょう!

⑤友人や現地で出会った人から紹介してもらう

最後に友人や現地で出会った人から紹介してもらう方法です。

私の場合は、ファームで出会った台湾の友人から雪山のハウスキーピングの仕事を紹介してもらいました。

そして実際にオーストラリアのスキーシーズンに約4ヵ月間働くことができました。

雪山の仕事について気になる方は以下の記事も是非ご覧ください。

オーストラリア雪山のハウスキーピングの仕事で【1万ドル稼いだ体験談】

 

オーストラリアのスキーシーズンが終わったあとは、マネージャーが同じ系列のホテルへの紹介状を書いてくれました。

このような感じで現地で出会った知り合いからの情報で仕事が見つかる可能性もあります。

仕事探しのその他の方法

基本的には上記のような感じで仕事は見つかるはずですが、最近はUber Eatsという働き方もあります。

実際にオーストラリアワーホリで、Uber Eatsで稼ぐことも可能です。

このように雇われなくてもできる働き方が最近はあるので、興味あれば是非チャレンジしてみてください。

オーストラリアで経験した私の6つの仕事について

最後に実際に私がオーストラリアで経験した6つの仕事と、それぞれの仕事の見つけ方についてまとめたので参考にしてみてください。

勤務先 見つけ方
①木材工場 エージェント紹介
②イチゴのピッキング 日豪プレス

③寿司レストラン

チアーズ
④レタスファーム 飛び込み
⑤雪山でハウスキーピング 友人の紹介
⑥ホテルのハウスキーピング 同じ系列のホテルの紹介状

①木材工場(約2週間)

ワーホリに行って一番最初に経験した仕事です。

こちらの仕事はエージェントからの紹介で仕事を得ました。

仕事内容は木材のパッキングで、重い木材もたまに運ぶので大変な仕事でした。

因みにここの仕事では2週間でクビになってしまいました。

クビになったのは、重たい木材を一人で運ぶ時に怪我しそうなところを見られ、向いていないと言われたからです。

②イチゴのピッキング(約4週間)

カブルチャーにあるファームでのイチゴのピッキングの仕事です。

こちらの仕事は日豪プレスで見つけました。

給料は歩合制で、あまり稼ぐことができず約4週間で移動することにしました。

※歩合制→ 例えばイチゴをどれだけの量を収穫したかによって給与が決まること。

③日本食レストラン(約3ヵ月)

シドニーにある寿司レストランで約3ヵ月間働きました。

こちらの仕事はシドニーの求人サイトのチアーズで見つけました。

オーストラリアの都市に日本食レストランはたくさんあるので、見つけやすい仕事です。

④レタスファーム(約半年間)

タスマニアにあるレタスファームで約半年間働きました。

こちらの仕事はタスマニアにあるエージェントの会社に直接履歴書を持っていき、その場ですぐに仕事をゲットすることができました。

給料は時給制だったので、歩合制のファームに比べると圧倒的に稼ぐこともできました。

⑤雪山のロッジのハウスキーピング(約4ヵ月)

オーストラリアのスキーシーズン(6月中旬~10月中旬)に雪山のロッジでハウスキーピング(客室清掃)の仕事をしました。

こちらの仕事は、レタスファームで出会った台湾人の友達からの紹介で仕事を得ました。

チームで雪山のロッジを回って、分担して掃除をする仕事でした。

⑥ホテルのハウスキーピング(約半年間)

オーストラリアのスキーシーズンが終わった後に、同じ系列のホテルに移動して働きました。

こちらの仕事は、雪山のシーズンが終わる頃にマネージャーが紹介状を書いてくれて決まりました。

場所はビクトリア州のフィリップ島にあるホテルでのハウスキーピング(客室清掃)の仕事でした。

まとめとして

いかがでしたか?少しはオーストラリアの仕事探しのイメージはつきましたか?

今回のまとめとして、オーストラリアの仕事探しの主な5つの方法は以下の通りです。

①日本語の求人サイトを利用する

②英語の求人サイトを利用する

③Facebookのコミュニティを利用する

④職場に履歴書(レジュメ)を直接持っていく

⑤友人や現地で出会った人から紹介してもらう

求人サイトから探す場合はネット環境で日本にいる時から気軽にできるので、便利です。

私のように現地での友人からの情報で仕事が見つかる可能性もあります。

現地で出会った人と積極的にコミュニケーションを取ることで貴重な情報をゲットできることもあるので、是非色々な人と交流してみてください。

オーストラリアでの仕事探しがスムーズにできることを願っています。

更に詳しく何かお聞きしたいことなどあれば気軽にお問い合わせください。

Pocket

シェアして繋がりを広げよう

【電子書籍無料プレゼント中】
ハッシー

LINEで友達になっていただくと

「人見知りで英語初心者の私でもワーホリ中に友達を増やした方法」についての電子書籍を無料プレゼントしています。


友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

香川県出身でオーストラリアに2年間ワーホリをしていたはっしーです! 趣味は主に旅行とお菓子作り。これからワーホリを考えている人やワーホリ中の人、国内旅行や海外旅行が好きな人に役立つ情報を日々発信していきます。 パートナーのりかとオーストラリアでワーホリをした後、ヨーロッパ一周をしました。一生のうちに100ヵ国行くことを目標にしています。