ワーホリ前に住民税の支払いの手続きをしておかないと大変なことになる!

Pocket

スポンサーリンク

ワーホリの前の手続きとして、国民年金・国民健康保険・住民税などがどうなるか気になると思います。税金の支払いをせずに放っておくと後で大変なことになります。

まずは市役所で行う手続きが海外転出届です。

海外転出届とは、いわゆる日本の住民票を抜くというものです。

この手続きを行うことで、ワーホリ中は国民年金・国民健康保険の支払いはしなくても良くなります。

ただし、注意点は住民税です。住民税に関してはその年の1月1日に住民票がある場所を基準に前年の収入に応じて決められます。

なのでワーホリ中も支払いをしていかなければなりません。

今回は住民税の支払いの手続きに関して自身の体験をもとに解説していきます。同じように海外に行く前の手続きをする人にとって参考になれば幸いです。

まずは住民票を抜く

海外転出届、すなわち住民票を抜くという手続きをしておかないと国民年金・国民健康保険・住民税の支払い義務が発生してしまいます。

でも海外転出届を出すことで支払い義務はなくなります。

すなわち・・・

国民年金→海外転出届を出した時点で支払い義務はなくなる

国民健康保険→海外転出届けを出した時点で支払い義務はなくなる

住民税だけが違っていて、

例えば海外に2017年6月に出発して1年間行く場合はどうかというと・・・

2017年1月1日時点では住民票は日本にあります。だから2017年度の住民税は支払い義務があることになります。

でも海外転出届を出すと、

2018年1月1日時点では住民票は日本にはありません。だから2018年度の住民税は支払い義務はなくなることになります。

住民税の納期について

住民税の納期は通常4期に分かれていて、6月、8月、10月、1月などとなります。

納期の月は、各市町村によって異なります。

私の場合は今回合計で約12万円でした。納期は4期に分かれるので3万円ずつ納めなければなりません。

でももう少し分割したいとなれば、市役所で相談することで最大12回に分けて納めることも可能です。

12回に分割すれば月に約1万円ずつとなります。


そして最初はコンビニで支払いができると言われて、


このような住民税の支払いの用紙を渡されました。

12回に分割なので、こちらの用紙が12枚数分あることになります。

これは2017年6月から2018年5月までの12回分の支払いです。

でもその間は海外にいるので、家族にコンビニに行って払ってもらうしか方法がありません。

コンビニでの支払いだと、もしかしたら忘れてしまうことだってあるかもしれません。

スポンサーリンク

口座振替もできる!

コンビニの支払いだけではなく、納期の方法は口座振替も手続きをすれば可能です。

どういう手続きをしたのかというと・・・

まずは各市町村によって指定された銀行があるのでそちらに向かいます。丸亀市の場合は、百十四銀行・香川銀行・ゆうちょ銀行でした。各市町村によって、指定の銀行は違うので市役所の方に確認が必要です。


銀行の窓口に行って住民税の口座振替をしたい旨を言えば、申請用紙を渡されます。


後は用紙に書いて必要事項を書いて提出すれば完了します。

ちなみに、今回は後から口座振替ができることに気づいたのですが、市役所でも申請用紙はもらうことができます。

後は指定の銀行口座に、お金があれば口座振替をしてくれます。

あらかじめ海外に行く前に住民税引かれる分のお金を入れておけば、12回に分割する必要性は特に感じませんでした。

でも今回の手続きで勉強になったので、是非参考にしてください。

☆お住まいの市区町村によっては少し手続き方法が異なることもあるので、最寄りの市役所・区役所・役場で聞きましょう。

家族にビックリさせないようにあらかじめ伝えておく

住民税の支払いの用紙は、海外にいるワーホリ中に届くこともあります。

いきなり12万円の請求が来たらさすがにビックリすると思います。

なのであらかじめ今回のような手続きをしておくことが必要です。

また分割で納める場合も催促状が家に届くことになっているそうです。

でもきちんと分割で納める場合は、こちらの催促状は届いても気にしなくて大丈夫です。

あらかじめこういうのが届くというのは伝えておいた方がビックリさせなくて済みます。

まとめとして

ワーホリ中にも住民税の支払い義務が発生するのは、「日本に住んでないのに」と思うかもしれません。住民税・国民年金・生命保険など意外に結構な負担になってしまいます。

住民税は基準日によって決まってくるので、払うものは払わなければなりません。国は税金逃れをされないように上手く対策をしているみたいです。

日本に帰って来た時に、大事に至らないように円滑に手続きを進めていきましょう。

スポンサーリンク

Pocket

シェアして繋がりを広げよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在ワーホリしている人やワーホリ中の人、国内旅行や海外旅行が好きな人に役立つ情報を日々発信していきたいです。 大学は国際観光学部で旅行の勉強をしていました。 大学卒業後、会社員を経験しましたがオーストラリアでワーホリのために退職しました。もともと海外旅行が好きで大学在学中にカナダに短期留学やニュージーランドに海外実習の授業に行った経験があります。 いざ仕事を辞めるとなると貯金やワーホリ中やワーホリ後のことで不安になったり考え込む日々もありました。 しかし、いざオーストラリアに来てみると、『ワーホリに来てよかった!!』と思うことが多いです。 それと同時に、欲しい情報がすぐ手に入らないこともありました。 生活する上で必要な情報や手続きのこと、観光のこと、食べ物のことを私たちが詳しくまとめます。 パートナーのりかとオーストラリアでワーホリをして、その後、私たちの夢である世界一周旅行を叶え、旅行の魅力や役に立つ情報を発信していきます。そして多くの方の旅に役に立つよう記事を更新していきます。 出身地:香川県 趣味は主に旅行とお菓子作り。 好きな言葉:為せば成る、為さねば成らぬ何事も