オーストラリアでの口座開設方法!利子はなんと日本の76倍

Pocket

スポンサーリンク

オーストラリアにワーホリに来たら、給与振込の為の口座を作らないといけません。
オーストラリアにも銀行がたくさんあり、どれにするか迷ってしまいますよね。

日本には大手の銀行として三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行があります。
それと同じようにオーストラリアにも有名な4大銀行があり、ANZ, Commonwealth, NAB, Westpacです。

基本的にはこの4つの銀行の中から選べば間違いありません。
私はWestpacで口座開設を行いました。日本と違う点が多く、驚くかもしれません。
実際に口座開設をしてきたので、これから口座開設をする人にとって参考になれば幸いです。

まず必要な持ち物は?

日本からでもオンラインで開設をすることはできますが、毎月手数料がかかってしまいます。それに対して海外から口座開設をする場合は、申請から12ヶ月は口座維持手数料が無料になります。

なので現地到着後に口座開設をするのが一般的となっています。英語に自信がなければホストファミリーや現地で知り合った友達と一緒に手続きを行うこともできます。

必要な持ち物は何がいるのかというと・・・

・パスポート(入国後6週間以内)
・お金(数ドルで大丈夫なので預金する額)
・現地での住所の情報
・メールアドレス

となります。

手続きの流れについて!

①まずは、ウェストパック銀行に向かい新規に口座開設したい旨を伝えます。
場合によっては事前予約が必要な場合があります。

②本人確認書類の提出を求められます。入国後6週間以内であれば本人確認書類はパスポートで可能となります。入国後6週間を超えると公共料金領収書や国際運転免許証などを用意しなくてはいけません。

③普通預金口座の説明、オンライン預金口座や積立口座などの開設を希望するかどうか聞かれます。
またスーパーアニュエーション口座を開くかどうか聞かれることもあります。

④インターネットバンキングの基本的な機能について説明されます。

⑤最後にウェストパックのキャッシュカードを貰って、使えるかどうか確認します。

ウェストパックのATMは24時間何度使用しても土日も含めて無料です。ウェストパックと提携を結んでいるセントジョージ銀行も手数料無料です。

それに対して他銀行のATMを使うと2ドルから5ドルの手数料を取られるので注意してください。

スポンサーリンク

日本とオーストラリアの違い!

通帳がない!

オーストラリアの銀行には日本の銀行のように通帳がありません。口座からの現金の引き出しの詳細などはインターネットバンキングを利用して各自で確認することになります。

インターネットバンキングを利用する上で便利なのがこちらのアプリとなります。

こちらのアプリを使うことで、残高の確認だけでなく振込などもできます。

口座維持手数料がかかる可能性がある!

先ほど軽く触れましたが、日本にはない口座維持手数料がかかる可能性があるということです。日本では口座を持っていても維持手数料がかかることはありません。ウェストパックの場合は、現地で口座を開設すると1年間は無料です。2年目に関しては1ヶ月に5ドルの口座維持手数料が必要となります。

ただし条件として、1ヶ月の間に2000ドルの現金の出し入れがあると、口座維持手数料は免除されます。維持料金に関しては、変更されることがあるので各自で確認も必要となってきます。

利子がつく口座を持てる!

ウェストパックでは2つの口座を持つことができます。1つがSaving Accountでもう1つがChoice Accountです。

Saving Account(Westpac Saver)→利子がつく貯蓄口座です。貯蓄用のみの口座なのでお金の出し入れはすることができません。でも2.3%の利子がつくのでできる限りこちらにお金を移しておきたいものです。

Choice Account(Westpac Choice)→普通口座で利子がつかない方の口座です。ここには生活に必要な最低金額は入れておく必要はあります。お金の出し入れに関しては、こちらの口座からのみできます。

日本の銀行には利子がついたとしても0.05%です。それに対してオーストラリアではこれだけの利子がつくので大きな違いです。

買い物ができる機能もついてる!

ウェストパックの銀行から発行してくれたキャッシュカードには、マスターカードのデビット機能もついています。この機能を使うことでスーパーで買い物をする時も現金を持ち運ばなくても良いので非常に便利です。日本のキャッシュカードにはこのような機能がついていません。

まとめとして

銀行の口座開設の方法はいかがでしたか?
カードを受け取ったら、ATMでお金を下ろすだけでなくカードを使って買い物などもできるので非常に便利になります。

また日本とオーストラリアの利子の違いにもビックリすると思います。
日本とは違い通帳がありませんが、インターネットバンキングを上手く賢く使っていきたいものです。

スポンサーリンク

Pocket

シェアして繋がりを広げよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在ワーホリしている人やワーホリ中の人、国内旅行や海外旅行が好きな人に役立つ情報を日々発信していきたいです。 大学は国際観光学部で旅行の勉強をしていました。 大学卒業後、会社員を経験しましたがオーストラリアでワーホリのために退職しました。もともと海外旅行が好きで大学在学中にカナダに短期留学やニュージーランドに海外実習の授業に行った経験があります。 いざ仕事を辞めるとなると貯金やワーホリ中やワーホリ後のことで不安になったり考え込む日々もありました。 しかし、いざオーストラリアに来てみると、『ワーホリに来てよかった!!』と思うことが多いです。 それと同時に、欲しい情報がすぐ手に入らないこともありました。 生活する上で必要な情報や手続きのこと、観光のこと、食べ物のことを私たちが詳しくまとめます。 パートナーのりかとオーストラリアでワーホリをして、その後、私たちの夢である世界一周旅行を叶え、旅行の魅力や役に立つ情報を発信していきます。そして多くの方の旅に役に立つよう記事を更新していきます。 出身地:香川県 趣味は主に旅行とお菓子作り。 好きな言葉:為せば成る、為さねば成らぬ何事も