沖縄本島の観光地のおすすめスポットを20選に厳選

Pocket

スポンサーリンク

沖縄県について一度旅行で訪れたことがあり、オススメの観光地などを紹介していきす。

実際に訪れたのは本島で、本島には様々な観光施設がありました。

沖縄は本島だけでなく、石垣島、宮古島、西表島など他にも多数の離島があります。

今回は沖縄に行ったら外せない魅力的な本島の観光地について述べていきます。

県内最大の繁華街である国際通り・多数の絶景ビューを楽しめるスポット・レジャー施設・絶景ドライブ・パワースポットと本当にいっぱいありすぎるのですが、今回は20選に厳選してみました。

沖縄のオススメ観光地

【美ら海水族館】


images

美ら海水族館は今まで行った水族館の中で一番の水族館でした。

その時はツアーで参加しましたが、2~3時間程度ではゆっくりと回ることができませんでした。
なぜなら現在ではアジア最大、2005年にジョージア水族館ができるまでは世界最大の水族館であったのです。

那覇から車で約2時間、入館料も決して安くはありませんが一度は必ず訪れるべきスポットです。

大阪で有名な海遊館など行ったことがありますが、ここ美ら海水族館に行ってしまうと逆に他の水族館は小さく感じてしまいます。
それぐらいスケールの大きい水族館です。

魅力は世界最大級の水槽や幅広い南国の魚が紹介され、ここでしか見れない生き物もたくさん展示されていたことです。

ポイントは、やはり沖縄人気No.1の観光地なので開館時間に合わせて行くこと、そして10:00からのイルカ給餌体験・11:00からのイルカショーです。
また水族館だけでなく館外の施設も充実しています。

【海洋博公園】

先程説明した沖縄県美ら海水族館に来たからには、その周辺の観光スポットも見ておいて欲しいです。海洋博公園には、イルカラグーン・ウミガメ館・オキチャン劇場・マナティー館と楽しめる場所がたくさんあります。

オキチャン劇場のイルカショーでは、飼育員との駆け引きによるジャンプをはじめとした芸だけでなく、沖縄民謡に合わせて歌を歌ってくれたりもしてくれます。まるで人間の言ってくれることを理解しているようでこのショーは必見です。

さらにすぐ近くに熱帯ドリームセンターという施設があり、南国の植物を目にして、癒される場所もあります。
水族館ばかりに気を取られがちですが、ここも是非回って欲しいです。

【備瀬のフクギ並木】

「フクギ」は備瀬の集落で防風林として使われている木のことを言います。

備瀬のフクギ並木は、並木の間に古民家が並んでいて昔の沖縄にタイムスリップしたかのようなゆっくりとした時間が流れます。

沖縄県北部での癒しスポットです!歩いているだけで心が安らかになる場所で、水牛に乗って観光することもできます。またそれだけでなく木々の合間から覗くエメラルド色の海など見所満載です。

「備瀬のフクギ並木」にあるカフェで、備瀬のおだやかな海を眺めながらランチをするのもおすすめです。

【今帰仁城跡(なきじんじょうあと)】

今帰仁城は、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつとして世界遺産に登録されています。

城の歴史は非常に古く13世紀頃に築城されたとされています。特に曲線を描く長い城跡は一見の価値があります!

高台からは城壁と海が同時に見ることができ、絶好のビューポイントとして人気を誇っていて東シナ海を望めます。

周囲は山々に囲まれていてマイナスイオンもいっぱいです!

【首里城】

首里城は沖縄県内で最大の木造建築物で、現在は世界遺産に登録されています。沖縄の観光スポットの定番・沖縄のシンボルとも言える場所で誰もが一度は訪れてみたい場所です。

首里城は、政治・外交・文化の中心で神事が行われるなど琉球王国の繁栄に大きな役割を果たしてきました。

首里城公園内には、有料区域と無料区域がありますが、無料区域だけでも十分に楽しむことができました。1日に何度か実施される無料ガイドの利用をすることで、首里城の詳しい歴史なども学べます。

首里城は戦争などで4度も焼失しましたが、1992年に復元されました。

かつての沖縄の歴史に触れることができ、お土産店なども非常に充実しています。

【古宇利島(こうりじま)】

古宇利島は、3〜4段階の海岸段丘で囲まれていて、古い祭祀行事や沖縄版アダムとイブの人類発祥伝説が残る神秘の島であると言われています。映画やCMなど、ロケ地としてもよく使われています。

全長1960mの古宇利大島がかかって、本島から車でも行けるようになりました。

ここは何と言っても海がすごく綺麗!

青い海と白い砂浜・そこにかかる橋とどこを取っても最高のロケーションです。夕方には綺麗な夕日・夜には満点の星を望むことができます。

また2つの岩がハートのように見えるハートロックは絶対に外せない撮影スポットとなっています。

【辺戸岬】

辺戸岬は、沖縄本島最北端の絶景スポットとして知られています。

ここでは、隆起サンゴが断崖絶壁を形成していて大迫力の光景を垣間見ることができます。また1972年沖縄本土復帰祈願の地でもあります。

最北端に位置しているので、空港からも車で2時間半ほどはかかってしまいます。しかし、沖縄の綺麗な海に囲まれた岬や周りの島々を見れる光景は一見の価値ありだと思います!

【ひめゆりの塔】

ひめゆりの塔は終戦の翌年に建てられました。

沖縄戦がどのようなものであったことかを知ることのできる貴重な博物館です。
戦争の怖さなどを知る体験ができます。

このように沖縄戦の時に実際に暮らしていた場所も見ることができました。

戦争を知らない世代が増える中でこういう場所は非常に貴重なので是非訪ねてみてください。過去の歴史・平和のありがたさなど色々と考えさせられる場所です。

美しい海を楽しむ旅はもちろん良いですが、沖縄の歴史を学ぶことも必要だと実感させられます。

スポンサーリンク

 琉球村】

琉球村は古き良き沖縄の自然や生活文化を体験することのできる大型テーマパークです。シーサー作りの体験など沖縄の生活を間近に感じることができます。

「ハブショー」を楽しんだり、また沖縄の楽器、三線体験や紅型体験などの、30分から楽しめるメニューも豊富にあります。

沖縄の伝統的な建物や、水牛を見ることもできます。

琉球村園内では、およそ1時間ごとにエイサーや沖縄風パレードの道ジュネも開催されていて初めての沖縄の人にとって満喫できる観光スポットです。

【ナゴパイナップルパーク】

ナゴパイナップルパークとは、パイナップルを中心に南国のフルーツにスポットを当てたテーマパークです。

ナゴパイナップルパークではパイナップルの畑を眺めながら散策したり、試食、お土産など楽しむことができます。

それだけでなく、形がパイナップル型のカートでテーマパーク内を周遊することができます。

パイナップルをいっぱい食べれてすごく美味しいです。プレミアムパインケーキは特におすすめ!

【美浜アメリカンビレッジ】

沖縄本島中部にある観光施設である美浜アメリカンビレッジ!名前の通りアメリカにいるかのような異国の雰囲気を味わうことができる人気スポットです。

こちらではショッピングやグルメやビーチ、また映画館ボウリング場などのアミューズメント施設などなんでも揃っています。

夕方には美しい夕陽、夜にはイルミネーションと様々な楽しみがあります。

色々な店がいっぱいあるので買い物好きには本当におすすめします!

【おきなわワールド】

おきなわワールドは、沖縄の自然・芸能・文化を丸ごと体験することのできる観光施設です。

またおきなわワールドの目玉である玉泉洞という鍾乳洞を見ることができ、有名な観光施設となっています。

それだけではなく、指定有形文化財に認定された琉球時代の城下町を再現した建物、各種工芸体験、沖縄に棲む毒蛇・ハブをテーマにした「ハブ博物公園」、100種類・450本の熱帯果樹園「熱帯フルーツ園」などと魅力がいっぱい詰まっています。

沖縄の文化についても深く触れることができ、おすすめの場所の一つです。

【平和記念公園】

平和記念公園は沖縄戦終焉の地である糸満市に位置していて、永久平和への願いを発信しています。

公園内には、平和の礎や沖縄平和祈念堂、沖縄平和祈念資料館が立ち並び、戦没者への慰霊を捧げ、平和の尊さを体感できる場所です。

また沖縄戦で戦死した23万余の犠牲者の名を刻んだ平和の礎・国立戦没者墓苑もあります。

過去にこういうことがここであったと未来に受け継ぐための大切な場所です。悲惨な沖縄の戦争の歴史を知る上でも一度は行っておくべきだと思います。

【中城城跡】

中城城跡は、歴史的に高い評価を受けており世界遺産にも日本100名城にも登録されています。

もともと琉球王国には約300ものグスクがあったとされるのですが、その中でも中城城は沖縄でも最も原型をとどめているものとして有名です。

15世紀中頃に当時の武将護佐丸が、首里城を守るために改築したと言われていて、自然の岩や地形を利用した曲線の城壁が非常に美しいです。

さらに天気の良い日にはにはグスクから周囲の島々を見渡すことができ、東には太平洋、西には東シナ海が広がります。

11月〜1月には沖縄でしか見られない花も咲き誇るのでこの時期の観光もおすすめです。

【国際通り】

国際通りとは、那覇市の中心部1.6kmにわたるメインストリートのことを言います。国際通りでは、試食できるお土産店などたくさんあり、ショッピングなど散策を楽しむことができます。

こんなにいっぱい無料で試食できるのはここが初めてというぐらい、たくさん試食できます。歩いているだけでも楽しかったです。

国際通りは、第二次世界大戦で全て焼き尽くされた街から驚異的な復興を遂げて、今では沖縄の人にとってもシンボル的存在になりました。

お土産店だけではなく、沖縄料理を食べれる店もたくさんあり、まさしく沖縄の雰囲気を目一杯楽しめる場所と言えるでしょう!

【青の洞窟】

青の洞窟は、恩納村の真栄田岬に位置しています。真栄田岬はダイビングやシーカヤックなどのマリンスポーツを楽しむ人が多く訪れる場所です。

ここのすぐ近くに青の洞窟があり、世界中のダイバーが青の神秘的で幻想的な世界に魅了されて集まってきています。

幻想的な青の洞窟!沖縄の海の人気スポットでもNO.1です。

【万座毛】

沖縄の恩納村にある、沖縄を代表する景観と言えば万座毛です。サンゴ礁のある美しい海に面した、高さ約20mの断崖絶壁のある景勝地です。

この日は残念ながら曇りでしたが、晴れた日にはきっと素晴らしい沖縄らしい海の透明度を見渡すことができるんだと感じました。

岩の形は横から良く見るとゾウの鼻のように見えます。

入り口には、沖縄の昔ながらのお土産店もたくさん並んでいて観光のついでにお買い物もできちゃいます。

写真スポットもたくさんあり、沖縄の観光には外せない場所です!晴れた日にまた再訪したい場所です。

【ガンガラーの谷】

カンガラーの谷は、沖縄県南部にあり森と鍾乳洞を中心とした観光スポットで50万年前の鍾乳洞跡に広がる亜熱帯の森です。

鍾乳洞が崩壊してできた谷間が、ガンガラーの谷で専門ガイドと一緒に歩くツアーに参加するのが必須です。

ツアーに参加した人だけがこの沖縄の自然の神秘や不思議に触れることができます。

太古の自然が残る谷は本当に素晴らしい見る価値ある場所です!約1万8000万年前に生きていた港川原人の居住区だったのではと考えられ、発掘調査もされているところです。

【伊計島】

伊計島は、離島にありますが本島から車で行くことのできるスポットです。

ここには、日本人観光客だけでなく海外からの観光客も集める透明度の高いビーチです。ここではビーチだけでなくバーベキューを楽しむこともできます。

伊計島に行くには、赤井アーチの伊計大橋を渡る必要があるのですが海の真ん中を走るドライブ・伊計大橋からの眺めも絶景です。

さとうきび畑が広がる以外には目立ったスポットはないのですが、のどかな風景に癒されたい人にとっては本当におすすめです。

【瀬長島】

瀬長島は那覇空港のすぐ南にある離島ですが、本島と海中道路で繋がっているので気軽に行くことができます。

昔は観光スポットではなかったのですが、温泉・ホテル・ウミカジテラス・絶景公園が次々とオープンしています。

瀬長島は、離発着する飛行機の航路下に島が位置していることから頭上に大迫力の機体を間近に見ることができ飛行機好きにはたまらないです。

また夕陽や海と一緒に見る夜景も絶景で、県内有数の景勝地となっています。エメラルドグリーンの海を眺めながら入る露天風呂もここでしかできない体験です。

沖縄の観光地を回る交通手段は?

沖縄の観光地を回るには電車もないのでどうすれば良いのでしょうか?

基本的には観光地を回るにはレンタカーがオススメです。
実際に観光地を回ってみてもレンタカーで来ている人がほとんどでした。

那覇市内の移動であれば那覇空港駅~首里駅を運航しているモノレールが走っているので利用するのも良いです。
市民からはゆいレールの名前で親しまれていて、首里の歴史をじっくりと感じることができます。

また時間の制約などがありますがこちらの観光バスツアーもあります。
http://rts21.co.jp/nahabus
このバスを使って観光地も制覇できるので是非検討してみてください。

沖縄オススメグルメ、お菓子

沖縄と言えば、チャンプルーが有名です。


チャンプルーは野菜や豆腐などを炒めた沖縄料理です。

ゴーヤチャンプルー、フーチャンプルー、ソーメンチャンプルーなど色々な具材を使ったチャンプルーがあります。

また沖縄そばも有名で、沖縄に来たら是非食べておきたい絶品です。

オススメのお菓子もたくさんあります。

一覧であげてみると・・・

・紅芋タルト

・マンゴープリン

・ちんすこう

・ハイチュウ(パイナップル)

・サーターアンダギー

などがあります。

ちんすこうを使った沖縄でしか目にしない、ちんすこうアイスも売っていました。


またお菓子御殿という場所は、沖縄を体感できるお土産施設です。
施設の形も首里城にそっくりですが、中に入れば沖縄の素晴らしいお菓子の世界が待っています。

沖縄のお土産コーナーは試食できる場所がいっぱいあり、自身で試食し大切なお土産をゆっくりと選ぶことができます。

沖縄を体感できるお土産施設であるお菓子御殿も是非検討してみてください。
https://tabelog.com/okinawa/A4703/A470303/47004430

 まとめとして

いかがでしたか?

沖縄県の本島では様々な観光スポットが目白押しです。本州にはないような異国情緒あふれる沖縄県には、本当に魅力がいっぱいです。

20選に絞りましたが、まだまだ書ききれないほどたくさんの場所があります。

青い海と白砂ビーチに癒されたい方には本島より離島が綺麗だとは思います。しかし、本島から車で離島に行けるスポットもおすすめです。

沖縄本島は本当にたくさんの観光スポットがあるので是非ゆっくりと回って見てください。

スポンサーリンク

Pocket

シェアして繋がりを広げよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在ワーホリしている人やワーホリ中の人、国内旅行や海外旅行が好きな人に役立つ情報を日々発信していきたいです。 大学は国際観光学部で旅行の勉強をしていました。 大学卒業後、会社員を経験しましたがオーストラリアでワーホリのために退職しました。もともと海外旅行が好きで大学在学中にカナダに短期留学やニュージーランドに海外実習の授業に行った経験があります。 いざ仕事を辞めるとなると貯金やワーホリ中やワーホリ後のことで不安になったり考え込む日々もありました。 しかし、いざオーストラリアに来てみると、『ワーホリに来てよかった!!』と思うことが多いです。 それと同時に、欲しい情報がすぐ手に入らないこともありました。 生活する上で必要な情報や手続きのこと、観光のこと、食べ物のことを私たちが詳しくまとめます。 パートナーのりかとオーストラリアでワーホリをして、その後、私たちの夢である世界一周旅行を叶え、旅行の魅力や役に立つ情報を発信していきます。そして多くの方の旅に役に立つよう記事を更新していきます。 出身地:香川県 趣味は主に旅行とお菓子作り。 好きな言葉:為せば成る、為さねば成らぬ何事も